インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル(極深) 200g

Wahana_Longberry_GokuFuka

インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル(極深) 200g

販売価格(税込)
¥5,000
在庫状態 : 在庫僅少


「コロナに負けるな!特別企画」として、
珈琲合計:5000円をお買い上げ毎に
インドネシア・ワハナ農園コピ・ルアクのドリップバッグ1個(1,700円相当)
お付け致します。
 
開運珈琲で「運」を付けちゃってください!
 

内容:インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル(極深) 200g

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20200519_021927
 
 
【動画:Tamaki 2020 Third の試飲】

 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル】
生産国 :インドネシア
エリア :北スマトラ州ダイリ県シディカラン
農園  :ワハナ農園
標高  :1300m
品種  :ロングベリー(スクリーン15以上)
生産処理:ナチュラル
 
20190713_170613WahanaLongBerry GokuFuka
 
【動画:インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル テスト焙煎】

 
【動画:インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル テスト焙煎試飲】

 
【動画:インドネシア・ワハナ農園・ロングベリー・ナチュラル深煎り 本焙煎】

 
 

「極深でも消えない感動的な樽香」

昨年、衝撃的な香りで大変好評頂いた「インドネシア・ワハナ農園ロングベリーナチュラル」が再登場です。
今年も香りの強さ、質の良さ共に申し分なく、この上なく、健在です。
 

このコーヒーのパワフルで特質した香りについては、昨年、詳しく説明しました。
以下、昨年の商品ページでご確認くださいませ。
【インドネシア・ワハナ農園・ロングベリーナチュラル(深煎り)】
Longberry_Dark
 

【インドネシア・ワハナ農園・ロングベリーナチュラル(中煎り)】
Longberry_Light
 

昨年「珈琲フレグランス」と称したロングベリーナチュラル。
昨年は、中煎りでアセロラティー、深煎りで洋酒の香味を味わって頂きました。
今年は、また新たな香味の一面をお楽しみ頂こうと、更に焙煎度を極端にしました。
 

浅煎りでは、「珈琲は果物だ」と実感できる程、極浅に、
深煎りでは、「洋酒感を超えたその先の香味」を実感して頂きたく、これまでで最も深い焙煎度に致しました。
 

深くなればなるほど、良くも悪くも香味が強いコーヒーでないと香味特性として残りません。
スペシャルティコーヒーと言われる欠点豆が少ないコーヒーは、クリアな分、とかく上品な香味が多く、
中煎りくらいまでは香味がハッキリしていても、極深煎りにすると特性が消えてしまいがちです。
一方、スペシャルティ―コーヒーより欠点豆が多いスタンダードコーヒーは、過発酵等、ある意味、強い香味の個性を持ち合わせているので、
深煎りにしても香味が残ることが多い反面、中煎り程度の焙煎度では雑味が目立つ珈琲になる傾向にあります。
 

雑味が少なくクリアで洗練された香味を持ちつつ、極浅煎りから極深煎りまで様々な香味の顔を現すのが
この「ロングベリー・ナチュラル」です。
正に、「豆のポテンシャルが高い」と言い切れる珈琲です。
 

極深煎りに致しますと、ナチュラル香は洋酒感から更に熟したかのように甘味の豊潤に達します。
勿論、香りは燻り臭が強くなり、スモーキーさが増しますが、ナチュラル香と燻り香がよく馴染み、一体感があります。
深煎り特有の苦味と合わさって、「ウィスキーの樽香」のように感じ、長く余韻として残ります。
極力、苦味を出さない焙煎により、極深なのに優しい苦味を実現しました。
深くても品のある甘苦さの決め手となっています。
 

今年もお薦めの飲み方は、「オン・ザ・ロック」です。
濃い一杯をゆっくり優雅にご賞翫くださいませ。
 

深煎りの極みとも言える本商品で昨年とは違う「珈琲フレグランス」をご堪能くださいませ。
今年も「ミルで挽いても、抽出中も、そして、抽出後の珈琲カスからも」いつまでも心地良く香り続けます。
 
 
 
 
 

「ワハナ農園」
インドネシア最大の輸出業者であるサリマクムール社が2005年に創設したスペシャルティコーヒー専用農園です。
他では出来ない多様な品種、多様な精製方法を選択することが可能なマルチな生産が可能な単一農園です。
 

歴史
・2005年くらいに「自社直営農園」を構想する。
・PT.Wahana Graha Makmur 設立・ワハナ農園の開墾を始める。
・開墾後、シディカランの土地に合う栽培品種を研究するため、数十種類もの栽培品種の区画を用意し、試験栽培を始める。
・2008年にマンデリン産地にこれまでなかった全プロセス対応可能な精選設備が完成し、
 試験栽培していたコーヒーの収穫も始まり、半商業的生産がスタート。
・栽培品種 × 精選方法の組み合わせが色々試され、ロングベリーが外観とその風味に際立った個性があることを突き止める。
・ロングベリーはシディカランの土地との相性も良く、2018年現在、ワハナ農園の2大栽培品種(ラスーナ)のひとつとなっている。
 
 
wahana1174_iPLLo9xjPqwLMHFdvktJ4oq3UYJ8YEug1173_90lz6YI5AdjUc97Zs6t2KKsdON3PLM691172_xTvVhdINGRWL0Kb1FZsTo2nnVD0EYfYu
 
 

オプションを指定してください。
挽き方
数量