Geisha100 200g

Geisha100_200

Geisha100 200g

販売価格(税込)
¥14,000
在庫状態 : 在庫有り




内容量:Geisha100 200g(50g×4個)

※50g袋でお届け致します。

 
原材料:
パナマ ハートマン・タイガー・ゲイシャ2014 ウォッシュド
パナマ ハートマン・タイガー・ゲイシャ2014 ナチュラル
パナマ エスメラルダ・ゲイシャ2014Leon Naturarl
パナマ エスメラルダ・ゲイシャ2015[ES-NAT4 Lino Natural]
パナマ エスメラルダ・ゲイシャ2015[ES-W3 MARIO ENERO]
 

写真はイメージです。
IMG_0024
20180607_18054320180607_18062220180607_23140520180607_201101

 
 

【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(アイス珈琲の場合、150㏄の冷水で薄める。ホット珈琲の場合、150ccのお湯で薄める)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$25gレシピを作る】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
【美味しいアイス珈琲の淹れ方】
急冷しないこと!
松屋式で珈琲を半量抽出した後、氷水や氷で急冷すると酸味が強くなったり、香味が変わり、不快な苦味が増します。
常温の水で薄めて、冷蔵庫で冷やすことをお薦めします。

【動画:美味しいアイス珈琲淹れ方(松屋式5杯抽出編)】

 
【動画:アイス珈琲の冷し方】

 


 
 

 
【動画:ゲイシャ深煎り本焙煎】

 
【動画:エスメラルダ・ゲイシャ・MARIO ENERO 本焙煎試飲】

 

「Geisha深煎り初挑戦」

今回のLast Geishaは、気合いも入ってまして、入念なテストと焙煎機の調整をして望んだ焙煎です。
その結果、焙煎は思い通りに運び、香味は最高傑作に仕上がりました。
データ解析をして、焙煎の予測をし、それが、予想通りに運んで、作りたい香味が出来た時、感無量でした。
個人的には気持ちの良い達成感を感じると共に、もう焙煎も暫くないのだなと、ちょっとした寂しくもありました。
そこで、「最後なのだからもっと楽しめることはないか?」と思った訳です。
 

考えたのが、「ゲイシャ100%のアイス珈琲」です。
 

浅煎りゲイシャの華やかな香味を味わってしまうと、深煎りにするのはやはりためらいます。
それが、オークション品になれば、なおのことです。
 

ということもあって、ゲイシャを深煎りにしてきませんでした。
 

また、世の中にはゲイシャブレンドと名の付くブレンドは数多くあります。
実際、当店でもゲイシャブレンドを作って販売したことがあります。
しかし、ブレンドでゲイシャのフレーバーを消すことなく綺麗に出すことは難しく、
ゲイシャらしさは、やはり半減してしまいます。
ゲイシャはブレンドに不向きと当店では位置付けました。
 

そこで、深煎りに挑戦するならば、季節柄、ゲイシャ100%のアイス珈琲にしようと考えました。
 

お陰様でこれまでオークション品も含め、いくつものゲイシャを焙煎する機会に恵まれました。
それぞれ少しずつ生豆が残っていましたので、精製違い、農園違いのゲイシャをいくつも使うことにしました。
 

更に、Last Geishaの浅煎りゲイシャをMiXすれば、香味に幅が出来、変化が楽しめるだろうと考えた訳です。
 

深煎りゲイシャはゲイシャフレーバーの強さは弱くなるものの、完全に消えることはなく、
ホット珈琲にしますと戻り香や余韻にゲイシャフレーバーを感じます。生豆の質が高いと実感しました。
また、ナチュラル精製を深煎りにしましたので、熱い内は、上品で芳醇な甘い香りが強く心地良く、
冷めるとゲイシャフレーバーが強くなり、変化も楽しめるアイス珈琲が出来上がりました。
 

アイスでもホットでもゲイシャを感じる珈琲です。
 

約6割にオークション品を使用した贅沢の極みとも言うべき、一期一会のゲイシャ100%アイス珈琲です。
 

袋を開けた瞬間から上品なのに凛とした香りに圧倒されます。
当店、最後のゲイシャと共にご堪能くださいませ。
 
 

オプションを指定してください。
挽き方
数量