商品

Early Summer Collection(El Injerto Auction Lot Mix 200g+ホンジュラスCOE El Guayabo 200g+水出し珈琲Like a Tea 200g+ICE COFFEE 2019 2nd 200g+環TrialBlend 200g+おまけ:ICE COFFEE 2019 1st 200g)

EarlySummerCollection

通常合計価格:19,000円のところ、1,000円割引です。
更に、おまけで「ICE COFFEE 2019 1st ベース 200g」が付き、お買い得です!!

 
 

内容:
El Injerto Auction Lot Mix 200g
ホンジュラスCOE2015 El Guayabo 200g
水出し珈琲Like a Tea 200g[40g×5個]
ICE COFFEE 2019 2nd 200g
環TrialBlend 200g
おまけ:ICE COFFEE 2019 1st ベース 200g
 
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20190519_020634_268IMG_20190514_000505_934IMG_20190516_220548_157IMG_20190514_000438_140
20190519_20404020190324_161838
 

 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
 
[ホンジュラスCOE2015 El Guayaboと環TrialBlendの場合]
全量:290cc~300㏄(140cc~150㏄のお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
[それ以外の場合]
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ホンジュラスCOE2015 El Guayaboと環TrialBlend試飲】

 
【動画:初夏の新作、色々試飲】

 
【動画:ICE COFFEE 2019 1stの試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【美味しいアイス珈琲の淹れ方】
急冷しないこと!
松屋式で珈琲を半量抽出した後、氷水や氷で急冷すると酸味が強くなったり、香味が変わり、不快な苦味が増します。
常温の水で薄めて、冷蔵庫で冷やすことをお薦めします。

【動画:美味しいアイス珈琲淹れ方(松屋式5杯抽出編)】

 
【動画:アイス珈琲の冷し方】

 


 
 
 

「Early Summer Collection」

大変、お待たせ致しました。初夏の新作を販売開始致しました。
そこで、初夏の新作をすべてセットにした「Early Summer Collection」も販売することとなりました。
 
毎回、すべての商品をお買い求め頂くお客様には1000円引きのお買い得なセットとなっています!
 
更に、好評を頂いた「ICE COOFFEE 2019 1st 200g」をおまけでお付けすることになりました!!
ICE COFFEE 2019 2ndと飲み比べて、変化をお楽しみください。
 

初夏の新作は、「ホンジュラスCOE2015 El Guayaboの多彩なる七変化」です。
ホンジュラスCOE2015 El GuayaboをICE COFFEE 2019 2nd と水出し珈琲に使用しました。
 

華麗な香味変化を是非、飲み比べてお楽しみくださいませ。
 

本セットは、ホットでもアイスでも水出しでもブレンドしても楽しめる「楽しみ方色々のセット」です。
 

初夏は、本セットを思う存分、ご堪能くださいませ。
 

各商品の詳細については、以下の商品ページをご覧くださいませ。
 
【グアテマラ エル インヘルト・パカマラ Auction Lot Mix】
El_Injerto_AuctionLotMix
 
【Honduras COE 2015 El Guayabo】
ElGuayabo
 
【水出し珈琲 Like a Tea】
LikeTea
 
【ICE COFFEE 2019 2nd】
ICECOFFEE2019_2
 
【環 Trial Blend】
環TrialBlend
 
【ICE COOFFEE 2019 1st ベース】
ICECOFFEE2019
 

グアテマラ エル インヘルト・パカマラ Auction Lot Mix 200g

El_Injerto_AuctionLotMix

内容量:グアテマラ エルインヘルト・パカマラ Auction Lot Mix 200g
El Injerto2017 #EI09-01 Reserva de la Finca – PANDORA PACAMARA
El Injerto2018 #EI09-05 Reserva de la Familia – PANDORA PACAMARA
 
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20190519_020634_268
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:グアテマラ エル・インヘルト・パカマラ 本焙煎試飲】

 
 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【El Injerto パカマラ】
生産国 :グアテマラ
エリア :ウエウエテナンゴ県
農園名 :インヘルト農園 Pandoraエリア
生産者 :アルトゥロ アギーレ
標高  :1750m
品種  :パカマラ
生産処理:フリーウォッシュド(Rain Forest Alliance)
ロットNo.:El Injerto2017 #EI09-01 Reserva de la Finca – PANDORA PACAMARA
      El Injerto2018 #EI09-05 Reserva de la Familia – PANDORA PACAMARA
カッピングプロファイル : フローラル、ブライト、コンプレックス、ラウンド、ハーモニー、クリーンカップ
IMG_20190519_120723IMG_20190519_115916

※写真は、サンプルロースト
 
【動画:El Injertoパカマラ テスト焙煎】

 

【動画:El Injertoパカマラ・Auction Lot Mix本焙煎】

 

「比類のない香味」

久しぶりに「パカマラ」の登場です。
勿論、パカマラと言えば、「El Injerto」農園のオークション品です。
 

当店ではお馴染みとなったEl Injertoのパカマラ種ですが、
2018年産は、これまでのオークション品より火が通り易く、豆が色付き易いことがテスト焙煎で分かりました。
 

そこで、年度違いのオークション品をMIXして一度に焙煎し、生産年違いで焙煎度を意図的に変えました。
見た目には生産年違いで珈琲の色付きに差がないように見えますが、この僅かながら絶妙に焙煎度を変えることで、香味に幅が生まれます。
 

オークション品は、それだけで最高品質です。年度違いであれ、他のコーヒーを混ぜず、単品で焙煎することが一般的です。
世界最高峰のパカマラ種を精巧な焙煎により、比類のない香味に仕上げたのが本商品です。
 

豆を挽くと感じるのは、「豆の品質の高さ」
甘く芳ばしい香りが砕かれるのを待っていたかのように強く強く放たれます。
どこかフローラルな香りは、混じり気がなく澄んでいます。
これこそが、欠点豆がない高品質の証です。
 

珈琲を飲んで最初に感じるのは、「珈琲らしからぬフルーティさ」。
アプリコットのような珈琲とは思えぬ甘酸っぱさは、秀逸です。
クリアだからこそ、フルーティーさは冴え渡ります。
清々しい程の爽やかな香味です。
 

そして、飲み干した後に感じるのは、「珈琲らしい重厚な余韻」
火の通りやすさが異なる生豆をMIXして焙煎し、意図的に焙煎度を僅かに変えたからこそ、
出来た香味が最後に感じる良質な苦味と珈琲らしい豊かなコクです。
飲み干しても長く続く余韻は、最高峰生豆と精巧な焙煎による賜物です。
 

香味の幅が広がり、複雑で表情豊かなパカマラをご賞翫くださいませ。
 
 
 
エル・インヘルト農園の情報及びパカマラについては、

1月TopNotch グアテマラ エルインヘルトパカマラ2013 パンドラ・デル・カルメン

の商品説明をご参照ください。
 

グアテマラ エル・インヘルト農園の輝かしい受賞歴は、

6月TopNotch グアテマラ エルインヘルト・パカマラ2014 パンドラ・コンセプション(EI05-10 PANDORA CONCEPTION)

の商品説明をご参照ください。
 

Honduras COE 2015 El Guayabo 200g

ElGuayabo

内容量:Honduras COE 2015 ElGuayabo 200g(200g袋×1個)
 
 
写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
IMG_20190514_000505_934
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290~300cc(140~150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ホンジュラスCOE El Guayabo 本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

スコア :16b位(87.29pt)
生産国 :ホンジュラス
エリア :ラス・ベガス、サンタ・バルバラ
農園名 :El・Guayabo
生産者 :Mario Alexis Moreno Leiva
標高  :1650m
品種  :パカス種
生産処理:ウォッシュド
カッピングプロファイル: アップル、ローズティー、 レッドカラントゼリー、オレンジ、ピーチ、ハニーのアフターテイスト
 
Guayabo_greenGuayabo_roast
 
【動画:ホンジュラス COE 2015 ElGuayaboテスト焙煎】

 
【動画:ホンジュラス COE 2015 ElGuayabo本焙煎】

 
 

「万華鏡のように多彩な香味」

2018年1月に販売をして大変好評頂きました「ホンジュラスCOE2015 El Guayabo」が再び、登場です。
El Guayaboは、水洗式とは思えない程、「芳醇で甘い香り」が魅力の珈琲です。
 

当店での再販品は、何かしら焙煎に変化を持たせて、その生豆が持つ様々な香味を引き出すようにしています。
ですが、このコーヒーに限っては、焙煎に変化を与えず、持ち味である甘い香りを最大限、引き出すことに致しました。
というのも、このコーヒーは、香りが秀逸過ぎるからです。
 

本商品は、完熟赤リンゴを使った焼き菓子のように焙煎で甘さを膨らませ、フルーティさに気品を持たせました。
勿論、COE受賞豆ですからクリーンカップであることは言うまでもありません。
フルーツティーを彷彿するテイストは健在です。
 

誰でも感じるこの特質した香りならば、低温のアイス珈琲でも香るだろうと水出し珈琲を作ってみました。
予想通り、甘い香りは水出し珈琲でも高貴な香りを放ち、高級感溢れるアイスティーが出来ました。
 

また、香味を変化させることに苦戦した「ICE COFFEE 2019 2nd」にも、藁をつかむ思いで使ってみました。
「ICE COFFEE 2019 1stベース」は、上品だけどしっかりとした香味です。
ブラジル・カクェンジ・ナチュラル(深煎り)の割合を色々と変化させても、
ICE COFFEE 2019 1stベースに馴染んでしまいます。
このEl GuayaboをMIXしますと、香味に初めて変化が生まれました。
 

深煎り珈琲の香味にも負けない「香りの逞しさ」に驚いただけでなく、
クリーンカップのEl GuayaboをMIXしたのに「ICE COFFEE 2019 1stベース」がワイルドな香味に変化したことに
本商品のキャラクターの強さと特異性を感じました。
 

万華鏡のように多彩な香味。El Guayabo。
 

飲み方も多様に広がります。
アイスでもホットでも、本商品をそのままでも、別の珈琲にブレンドしてもお楽しみ頂けます。
 

本商品を存分にお愉しみくださいませ。
 
 
 
【エル・グァヤボ農園】
エル・グァヤボ農園の農園主マリオ・アレクシス・モレノ氏は、ホンジュラスで有名なコーヒー生産者:モレノ家の一族です。
モレノ家は、2005年より毎年、Cup Of Excellence(以下、COE)を受賞する名門農園一族です。
エル・グァヤボ農園は、本商品の2015年にCOEを初受賞で16位に輝き、以降、2016年4位受賞、2017年3位受賞と大躍進中の
勢いのある農園です。

【レギュラー商品】環 Trial Blend 200g

環TrialBlend

 
 
 
 
 
内容量:環 Trial Blend 200g(200g×1個)
内容
ケニア キアンヤンギ AA
グアテマラ カルメン農園 80年ティピカ
ニカラグアCOE2015 La Laguna
 

※珈琲は、200g(1個)でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20190514_000438_140
 
KenyaCarmenLagunaTrialBlend
※左から、ケニア キアンヤンギAA、グアテマラ カルメン農園80年ティピカ、ニカラグアCOE2015 La Laguna
 

【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290~300cc(140~150ccのお湯で薄める)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:環TrialBlendの本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

「環ブレンドのコンセプトを継承」

お陰様で、長らくご愛顧を賜りました「環ブレンド」が終売となりました。誠に有難うございました。
 

環ブレンドに変わる看板ブレンドは今後作りますが、
出来る上がるまでの間、環ブレンドのコンセプトを継承したブレンドを作ることにしました。
 

それが、「環TrialBlend」です。
 

環ブレンドのコンセプトは、「誰からも愛される珈琲」でした。
 

本商品も環ブレンドのコンセプトはそのままに
甘味・酸味・苦味のバランスが取れる焙煎度で焙煎し、「いつまでも飲んでいたくなる」珈琲にブレンド致しました。
 

芳ばしい香りは高く広がります。
高品質な生豆が故に、雑味がなく、透明感溢れる珈琲です。
口に含むとグアテマラ エル・カルメン ティピカの黒糖のような円やかな甘味が広がります。
 

ケニア・キアンヤンギの豊かなコクとボディーが珈琲らしい重厚感を与えています。
ケニアとグアテマラだけでは香味が重くなりすぎてしまいそうなところを
ニカラグア・La Lagunaが絶妙な濃度にバランスを取って和らげています。
 

飲み干した後、上質な珈琲の戻り香が余韻として長く続きます。
 

飲みやすいのに珈琲としての満足感がある「正統派な珈琲」に仕上がりました。
 

「香味造りへの拘りを詰め込んだ珈琲」が完成致しました!!
当店を初めて利用されるお客様に、最初に試して頂きたい珈琲です。
 
 

【動画:ケニア キアンヤンギAA テスト焙煎】

 

【動画:グアテマラ カルメン農園80年ティピカ テスト焙煎】

 

【動画:ニカラグアCOE2015 La Laguna テスト焙煎】

 

【動画:ケニア キアンヤンギAA 本焙煎】

 

【動画:グアテマラ カルメン農園80年ティピカ 本焙煎】

 

【動画:ニカラグアCOE2015 La Laguna 本焙煎】

 

【動画:ブレンドを作る】

ICE COFFEE 2019 2nd 200g

ICECOFFEE2019_2

内容:ICE COFFEE 2019 2nd 200g
原材料:
ケニア・キアンヤンギAA[深煎り]
ブラジル・カクェンジ・イエローブルボン・パルプ・ド・ナチュラル[深煎り]
インドネシアMIX[中深煎り]
コロンビアCOE2015 La Golondrina[中煎り]
ケニア・キアンヤンギAA[中煎り]
ブラジル・カクェンジ・ナチュラル[深煎り]
ホンジュラスCOE2015 El Guayabo[中煎り]
 
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20190516_220548_157
 
20190324_16190320190324_161910

 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ICE COFFEE 2019 2ndの試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【美味しいアイス珈琲の淹れ方】
急冷しないこと!
松屋式で珈琲を半量抽出した後、氷水や氷で急冷すると酸味が強くなったり、香味が変わり、不快な苦味が増します。
常温の水で薄めて、冷蔵庫で冷やすことをお薦めします。

【動画:美味しいアイス珈琲淹れ方(松屋式5杯抽出編)】

 
【動画:アイス珈琲の冷し方】

 


 
 
 
【動画:ブラジル・カクェンジ・ナチュラル テスト焙煎】

 

【動画:ブラジル・カクェンジ・ナチュラル 本焙煎】

 
【動画:ブレンド作り】

 
 

「ICE COFFEE 2019 ー香味の変化を楽しむアイス珈琲ー 」

「2nd Edition ちょっぴりワイルドな大人のアイス珈琲」

ICE COFFEE2019 2ndは、ブレンド作りに大変、苦戦しました。
というのも、ICE COFFEE 2019 1stが非常に出来が良く、深煎りのしっかりとした香味が上品ながらパワフルに出ていたからです。
 

当初、深煎りのブラジル・カクェンジ・ナチュラルのみで、ICE COFFEE 2019 2ndを作る予定でした。
しかし、ブレンドの構成比率をどんなに変えても、ブラジル・カクェンジ・ナチュラルの香味が
ICE COFFEE 2019 1stベースに溶け込んでしまうのです。
 

そこで、ブラジル・カクェンジ・ナチュラルの浅煎りを用意し、焙煎度が違う豆を加えることで
香味を変化さえようとしたのですが、こちらも見事にベースの香味に馴染んでしまいました。
 

そのくらいベースを「しっかりとした ほろ苦い香味」に作り上げていたのです。
 

ブラジル・カクェンジ・ナチュラルでのICE COFFEE作りを断念し、
販売を中止しようかと思っていた所に救世主が登場!
 

ベースの力強さには、癖がある力強い香味であれば、香味を変化させることが出来るかもしれないと考え、
藁をもつかむ気持ちで芳醇な甘い香りが特質している「ホンジュラスCOE2015 El Guayabo」をブレンドしてみました。
 

ブレンドの割合は、「ベース:5、ブラジル・カクェンジ・ナチュラル:4、ホンジュラスCOE El Guayabo:1」。
 

たった1割ですが、それまでとは比べ物にならないくらい大きく香味に変化が現れました。
ホンジュラスはCOEを受賞した豆ですから、雑味がなくクリアなのですが、
何故か、ちょっぴりワイルドな苦味を感じるパンチがある珈琲に変化しました。
 

これがブレンドの醍醐味であり、面白いところです!
紫陽花が七変化するかのように鮮やかで綺麗な香味の変化でした。
 

ベースの重厚感はそのままに、ビターチョコレートのようなカカオの苦味を感じるアイス珈琲になりました。
ホットですと、ホンジュラスの芳醇な香りが戻り香としてほのかに感じます。
戻り香が苦味と合わさって、どこか洋酒のようにも感じます。
深味ある良質な苦味の長い余韻に魅了されます。
 

アイス珈琲にしても、キンキンに冷やしたアイス珈琲をゆっくり優雅に嗜んでみてください。
冷たい珈琲が時間が経つにつれ、香味が現れてくることを実感頂けます。
 

ジメジメした梅雨の時期は、ちょっぴり苦味のきいた「おとなのアイス珈琲」をお楽しみくださいませ。
 
 

水出し珈琲 Like a Tea(40g×5個[オレンジ:2個+レッド:3個])

LikeTea

内容量:Like a Tea(40g×5個[オレンジ:2個、レッド:3個])
原材料:ホンジュラスCOE2015 El Guayabo、ブラジル・カクェンジ・ナチュラル
 
 
写真はサンプルです。
20190519_204040
 
 
【SweetsCoffee貴風の作り方】
SweetsCoffee貴風淹れ方
 
【動画:水出し珈琲の作り方】

 
スライドショーにまとめてみました。

 
 

「紅茶のような不思議なテイスト」

初夏のお薦めは、浅煎り珈琲の水出しです。
 

水出し珈琲、特に浅煎りの水出し珈琲は、以下の条件がそろってないと紅茶のようなフレーバーの美味しい珈琲にはなりません。
・生豆が高品質であること
・適切な焙煎がなされていること
 

水出し珈琲等のアイス珈琲は、冷たい飲み物ですから、香り立ちが悪いのが特徴です。
香り高い水出し珈琲にするには、それなりに個性が強い生豆が向いています。
 

また、焙煎の良し悪しがハッキリ香味に表れるのも水出し珈琲の特徴です。
不適切な焙煎をされた珈琲を水出しにしますと、大豆等のような穀物の香味が強い珈琲になり、飲めません。
逆を言えば、焙煎の技量を知りたければ、水出しにすれば分かってしまうのです。
 

初夏の新作で、ホンジュラスCOE2015 El Guabayoが非常に芳醇な甘い香りが魅力の珈琲でしたので、
水出しにしたら、アイスティーのように珈琲が楽しめるかもしれないと考え、水出しにしてみました。
 

予想通り、高貴な甘い香りが秀逸な水出し珈琲となりました。
但し、ホンジュラス100%ですと、ナチュラル香の癖が強くバランスが悪かったので、
ブラジル・カクェンジ・ナチュラルをブレンドすることにしました。
 

最適な香り立ちは、「ホンジュラスCOE2015 El Guayabo:6、ブラジル・カクェンジ・ナチュラル:4」。
 

また、ブラジル・カクェンジ・ナチュラルの水出しにも挑戦してみました。
 

ブラジルは、どんなに高品質でも少なからずナッツのような香りが致します。
その中でも、カクェンジ・ナチュラルは、ブラジルらしくない華麗な香味です。
こちらも水出し珈琲に向いているコーヒーでした。
 

そんな高品質な生豆2種を使って造り出したのが、以下の2種の水出し珈琲です。
 

今年の初夏は、水出し珈琲で「珈琲をアイスティー」のようにご賞味くださいませ。
 

【水出し珈琲 Like a Tea オレンジ】
LikeTea
 
ブラジル・カクェンジ・ナチュラル 100%
 

水出し珈琲なのに、スッキリとした爽やかな酸味を感じる珈琲です。
レモンティーのように感じる方もいらっしゃるでしょう。
飲み干した後、キャラメリーゼのような甘い余韻に包まれます。
 
 
【水出し珈琲 Like a Tea レッド】
Like a Tea2
 
ホンジュラスCOE2015 El Guayabo 60%、ブラジル・カクェンジ・ナチュラル 40%
 

水出し珈琲なのに、非常に香り高く、芳醇で高貴な甘い香りが秀逸です。
果実味溢れる香りから、フルーツティーのように感じられます。
ガムシロップとの相性も良いです。
 
 
【動画:ブラジル・カクェンジ・ナチュラル 本焙煎】

 

Beauty and The Beastー美女と野獣ー(インドネシアMIX 200g+マンデリン200g+オマケ:令和ブレンドCOLOMDERIN 100g)

Beauty&Beast

内容:インドネシアMIX 200g、マンデリン200g、オマケ:令和ブレンドCOLOMDERIN 100g
原材料:マンデリン・ブルボン、ブルーバタック、アル―ルバタ、マンデリンG1、コロンビア

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20190319_220548
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:インドネシアMIXの本焙煎試飲】

 
【動画:インドネシアMIXとマンデリンG1の飲み比べ】

 
【動画:インドネシアMIXとマンデリンG1と令和ブレンドCOLOMDERINの飲み比べ】

 

【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

Beauty and The Beastー美女と野獣ー

現在、発売中の「IndonesiaMIX」。。
非常に雑味がなく、綺麗なアーシーを感じられる珈琲です。
 

折角なので、マンデリンG1との飲み比べセットをご用意致しました。
 

名付けて、「Beauty and The Beastー美女と野獣ー」です。
 

何故、この商品名にしたかは、飲めばご納得頂けます。
 

しかも、令和ブレンドCOLOMDERINのオマケが、付きます!!
 

マンデリンは、ハンドピックの良し悪しが香味に影響を与えやすい珈琲です。
昨夜の配信で使用したマンデリンが、ハンドピックによって非常に綺麗な香味でした。

 

そこで、このセットの「マンデリン」と令和ブレンドCOLOMDERINには、配信で香味を確認した珈琲を
お詰めすることに致しました。
 

マンデリン好きな方にもそうでない方にも、お試し頂きたいセットです。
貴方の好みは、「美女? それとも、野獣?」。どちらでしょうか?
 

各珈琲の詳細については、以下の商品ページでご確認ください。
 
【IndonesiaMIX】
IndonesiaMIX
 
【マンデリン(フレーバーコーヒー通販サイト)】
マンデリン
 

Kenya Set(キアンヤンギ黒200g+キアンヤンギ赤200g+キアンジュキ200g+環ブレンド200g+おまけ:ICE COFFEE 2019 1st 200g)

KenyaSet

内容:
ケニア・キアンヤンギAA[深煎り]200g
ケニア・キアンヤンギAA[浅煎り]200g
ケニア・キアンジュキAA[中深煎り]200g(ヴァローナチョコ:5枚付)
環ブレンド 200g
おまけ:ICE COFFEE 2019 1st ベース 200g
 
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20190320_13271720190321_01083120190128_112022

20190313_14124820190324_161838
 

 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
 
[ケニア・キアンジュキAAとケニア・キアンヤンギAA浅煎りの場合]
全量:290cc(140ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
[ケニア・キアンジュキAAとケニア・キアンヤンギAA浅煎り以外の場合]
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ICE COFFEE 2019 1stの試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【美味しいアイス珈琲の淹れ方】
急冷しないこと!
松屋式で珈琲を半量抽出した後、氷水や氷で急冷すると酸味が強くなったり、香味が変わり、不快な苦味が増します。
常温の水で薄めて、冷蔵庫で冷やすことをお薦めします。

【動画:美味しいアイス珈琲淹れ方(松屋式5杯抽出編)】

 
【動画:アイス珈琲の冷し方】

 


 
 
 

「春のケニア祭り」

春の新作は、ケニア産珈琲を使った商品が一杯です。
そこで、「春のケニア祭り」と題して、セット商品を販売することとなりました!!
 
しかも、大奮発して、ケニア・キアンヤンギAAがベースの「ICE COOFFEE 2019 1st 200g」を
おまけでお付けすることになりました!!
 

毎回、すべての商品をお買い求め頂くお客様にはお得なセットとなっています。
 

環ブレンドを始めとして、ケニア産珈琲は、当店の香味作りに欠かせない珈琲の1つです。
焙煎度違いのケニア産珈琲が揃いましたので、是非、飲み比べてみてください。
 

また、環ブレンドだけでなく、今年のICE COOFFEEのベースとなる「ICE COOFFEE 2019 1st」は、
ホットで飲んでもアイスで飲んでも美味しい夏の期間限定定番ブレンドとなります。
 

今年のアイス珈琲は、「香味の変化を楽しむ」ことが、コンセプトです。
2nd Editionを販売する前に、是非とも香味を確認しておいてくださいませ。
 

そして、長らくご愛顧を賜りました「看板ブレンド:環ブレンド」も本ロットを持って、最後となります。
名残の香味をご賞味くださいませ。
 

本セットは、ホットでもアイスでもブレンドしても楽しめる「楽しみ方色々のセット」です。
 

今春は、本セットでケニアの香味を思う存分、ご賞玩くださいませ。
 

各商品の詳細については、以下の商品ページをご覧くださいませ。
 
【ケニア・キアンヤンギAA黒(深煎り)】
Kianyangi_B
 
【ケニア・キアンヤンギAA赤(浅煎り)】
Kianyangi_R
 
【ケニア・キアンジュキAA(中深煎り)ヴァローナチョコ5枚付】
Kenya_KianjukiAA
 
【環ブレンド】
環ブレンド
 
【ICE COOFFEE 2019 1st ベース】
ICECOFFEE2019
 

ケニア キアンヤンギAA(深煎り) 200g

Kianyangi_B

ケニア・キアンヤンギAA赤(浅煎り)のドリップバッグ1個がおまけで付きます!!
 
内容:ケニア・キアンヤンギAA(深煎り) 200g
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20190320_13271720190410_155629
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ケニア・キアンヤンギAAの本焙煎試飲】

 
【動画:いちご大福とケニアケニア・キアンヤンギAAの相性を検証】

 
 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【ケニア キアンヤンギAA】
生産国 :ケニア
エリア :エンブ県Kavutiri
農園  :キアンヤンギ・ファクトリー(Merue Farners Coop.Society)
生産者 :750の小生産者
標高  :1,800 m
品種  :SL28、SL34、Ruiru11
生産処理:Fully Washed

 
20190320_13350220190320_133541

 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA テスト焙煎】

 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA テスト焙煎試飲】


 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA 本焙煎】

 

 

「Red or Black ー赤にする?それとも黒?ー 」

只今発売中の「ケニア・キアンジュキAA」と同じエンブ県に位置するキアンヤンギ・ファクトリーのコーヒーです。
 

ケニア・キアンヤンギAAは、キアンジュキAAよりケニアらしいフレーバーが色濃いことがテスト焙煎で分かりました。
キアンジュキAAは、深煎りにするとケニアらしい香味が感じられなくなってしまいますが、
キアンヤンギAAは、深煎りにしてもフレーバーが消えることはなく、キアンジュキAAよりポテンシャルがあります。
 

ならば、これまで販売してこなかったケニアの浅煎りと深煎りにして、
焙煎度違いによるケニアの香味の違いをお楽しみ頂くことにしました。
 

浅煎りは、出来る限り、浅く焙煎し、ケニアの酸味を
そして、深煎りは、出来る限り、深く焙煎し、ケニアの苦味を実感頂こうと思います。
 

貴方は、浅煎り派?それとも深煎り派?の意味も込めて、「Red or Black」。
浅煎りも深煎りもどちらも好きな方は、その日の気分で、「Red or Black」。
というのも楽しいでしょう。。
 

更に、浅煎りと深煎りをブレンドしてMy Blendを作るのも、
キアンジュキAAも含めて、浅煎り、中深煎り、深煎りの3種飲み比べしても面白いでしょう。。
 

今春は、ケニアをトコトンご堪能くださいませ。
 

黒 ー ブラックチョコレート

珈琲の袋を開けると、如何にも深煎りと感じる燻り臭が漂います。
 
香りから想像が付く「苦味」は、上品。豊かなボディーと重厚感は上質なケニアです。
飲み干した頃、どこかドライトマトのような酸味と香りがほのかに余韻で感じられる所が
この豆のポテンシャルの高さです。
 
甘過ぎず、カカオの風味がしっかりとする。高級チョコレートならではの後味の酸味。
正に、「甘さ控えめのブラックチョコレート」。それが、苦みの黒です。
 
「ケニアの苦味」をご堪能くださいませ。
 
 
 

【キアンヤンギ・ファクトリー情報】
キアンヤンギ・ファクトリーはケニア東部エンブ地方に位置し、ケニア山の麓1,800 mの高地で
主に周辺の小生産者からもたらされるコーヒーの生産処理を行っています。
この組合は平均130本のコーヒー樹を擁する750の小生産者によって構成されています。
当施設はコーヒーの主要生産地の中心にあるため、戦略上とても重要であり、
副産物としてバナナ、メース、マカダミア等も生産されています。
 

ケニア山周辺の土壌は大変肥沃な赤い火山灰土で、降水量1,600mmに及ぶ年二回の雨季、
通年12℃の穏やかな気候等はまさにコーヒーの生育には理想的です。
収穫期は11-3月にありSL28、SL34、といった品種が栽培されています。
収穫後、同日中にコーヒーはウエットミルに運ばれ、カミツモ川からもたらされる水を電気ポンプによって汲み上げ、
果肉除去に使用しその後水は循環されます。
ミルは3機のディスクパルパー、膨大な数の乾燥台、多くの貯蔵庫を擁し、
計14名の作業員によって運営されています。
 

 

ケニア キアンヤンギAA(浅煎り) 200g

Kianyangi_R

内容:ケニア・キアンヤンギAA(浅煎り) 200g

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20190321_010831
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290cc(140ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ケニア・キアンヤンギAAの本焙煎試飲】

 
 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【ケニア キアンヤンギAA】
生産国 :ケニア
エリア :エンブ県Kavutiri
農園  :キアンヤンギ・ファクトリー(Merue Farners Coop.Society)
生産者 :750の小生産者
標高  :1,800 m
品種  :SL28、SL34、Ruiru11
生産処理:Fully Washed

 
20190321_01085220190321_010926
 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA テスト焙煎】

 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA テスト焙煎試飲】


 
【動画:ケニア・キアンヤンギAA 本焙煎】

 

 

「Red or Black ー赤にする?それとも黒?ー 」

只今発売中の「ケニア・キアンジュキAA」と同じエンブ県に位置するキアンヤンギ・ファクトリーのコーヒーです。
 

ケニア・キアンヤンギAAは、キアンジュキAAよりケニアらしいフレーバーが色濃いことがテスト焙煎で分かりました。
キアンジュキAAは、深煎りにするとケニアらしい香味が感じられなくなってしまいますが、
キアンヤンギAAは、深煎りにしてもフレーバーが消えることはなく、キアンジュキAAよりポテンシャルがあります。
 

ならば、これまで販売してこなかったケニアの浅煎りと深煎りにして、
焙煎度違いによるケニアの香味の違いをお楽しみ頂くことにしました。
 

浅煎りは、出来る限り、浅く焙煎し、ケニアの酸味を
そして、深煎りは、出来る限り、深く焙煎し、ケニアの苦味を実感頂こうと思います。
 

貴方は、浅煎り派?それとも深煎り派?の意味も込めて、「Red or Black」。
浅煎りも深煎りもどちらも好きな方は、その日の気分で、「Red or Black」。
というのも楽しいでしょう。。
 

更に、浅煎りと深煎りをブレンドしてMy Blendを作るのも、
キアンジュキAAも含めて、浅煎り、中深煎り、深煎りの3種飲み比べしても面白いでしょう。。
 

今春は、ケニアをトコトンご堪能くださいませ。
 

赤 ー ドライトマト

珈琲の袋を開けると、如何にも浅煎りと感じる甘酸っぱい香がします。
珈琲の液体は、琥珀色。
 
ドライトマトのような甘く異彩を放つ香りは、キアンジュキよりも強く明確に香ります。
苦味は一切なく、珈琲とは思えぬ、ジューシーな甘酸っぱさ。
浅煎りながらボディがあり、ジューシーさに重厚感があります。
飲み干しても溢れんばかりの果実香が余韻として口の中に広がります。
 

本商品で、「ケニアの酸味」をご賞味くださいませ。
 
 
 

【キアンヤンギ・ファクトリー情報】
キアンヤンギ・ファクトリーはケニア東部エンブ地方に位置し、ケニア山の麓1,800 mの高地で
主に周辺の小生産者からもたらされるコーヒーの生産処理を行っています。
この組合は平均130本のコーヒー樹を擁する750の小生産者によって構成されています。
当施設はコーヒーの主要生産地の中心にあるため、戦略上とても重要であり、
副産物としてバナナ、メース、マカダミア等も生産されています。
 

ケニア山周辺の土壌は大変肥沃な赤い火山灰土で、降水量1,600mmに及ぶ年二回の雨季、
通年12℃の穏やかな気候等はまさにコーヒーの生育には理想的です。
収穫期は11-3月にありSL28、SL34、といった品種が栽培されています。
収穫後、同日中にコーヒーはウエットミルに運ばれ、カミツモ川からもたらされる水を電気ポンプによって汲み上げ、
果肉除去に使用しその後水は循環されます。
ミルは3機のディスクパルパー、膨大な数の乾燥台、多くの貯蔵庫を擁し、
計14名の作業員によって運営されています。