商品

【ギフト】La Casa Set(CostaRica COE 2015 La Casa 200g+Drip$)

Gift_LaCasaSet




内容量:CostaRica COE 2015 La Casa 200g(200g袋×1個)、Drip$ 1個
 
写真はイメージです。200g袋に入れ、ギフトボックスに詰めて、お届け致します。
20171113_174635
 
 
クリスマス、お歳暮等、相手の好みが分からない時は、これ!!

こちら、中米の特徴そのものの珈琲で雑味がなくクリアで中庸です。
 
Cup Of Excellenceを受賞するだけあり、上質で上品な味わいであることは、透き通る珈琲を飲めば、誰にでも分かるテイストです。
 

高地産特有の甘い香を強調し、焙煎度も深過ぎず浅すぎない中深煎りにしました。
酸味も苦味も強くなく、
円やかな甘味が煌る珈琲に仕上げましたので、万人に好まれる香味です。
 

相手の好みを気にせず、誰にでも自信を持ってプレゼント出来る珈琲です。
 

何を贈ったら良いか迷われている方には、イチオシです!!
 

香味は、ブルーマウンテンNo.1やハワイコナ・エクストラファンシーに通じるクリアさと気品を備えているのに、お求めやすい価格です。
 

非常にコストパフォーマンスが良い、この「LaCasa」は、ギフトに最適な質の高い珈琲です。
 
また、珈琲通の方は、既に抽出器具をお持ちの方も多いでしょう。
でも、湯を細く注すことは、どんなに熟練していても、中々の指南です。
さりげなく、珈琲と一緒にDrip$をお付けしてみては如何でしょうか?
 

ハンドドリップを一度でもしたことがある方なら、尚更、Drip$の良さが分かり、喜んでもらえます。
 

Drip$は、湯を細く一定量で注すことに長けていますから、松屋式だけでなく、様々な抽出に使用できます。
使い方も簡単ですから、珈琲を上手に抽出する頼もしいスケットになります!!
 
Drip$の購入をご検討されている方にもお買い得でお薦めです。
 

 
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

スコア :30位(86.00pt)
生産国 :コスタリカ
エリア :サンホセ、ドタ、タラス
農園名 :ラ・カサ
生産者 :マリア・リセス・カルデロン・カスティージョ
標高  :1650m
品種  :カトゥアイ種
生産処理:フリーウォッシュド
カッピングプロファイル:クランベリー、オレンジピール、スィート、シルキー
 
LaCasagLaCasa2015
 
【動画:コスタリカ・ラ・カサ本焙煎】

 

「トラディショナルなコスタリカ」

昨今、ナチュラルやハニー、SL28やゲイシャ種など非常に特徴的な香味を持つコーヒーが高く評価されます。
Cup Of Excellence(以下、COE)でも個性溢れるコーヒーが多く入賞しています。
今年のCOE2017も1位は、ゲイシャでした。
 

コスタリカでは、流行の品種や精製方法を取り入れる農園が増えており、
世界的に見ても生産者が品質に対する意識が高く、各農園が独自の香味を作り出そうと切磋琢磨している国です。
例を挙げるなら、ハニー精製、アナエロビコ精製などです。
 

そんな中、このラ・カサ農園は中米で伝統的に栽培されているカトゥアイ種で映えあるCOEを受賞しました。
カトゥアイ種は、突出した個性はなく、中庸で上品なテイストです。
誰でも違いが判る香味を持つコーヒーが選ばれやすい中、この目新しくはないカトゥアイ種が入賞出来たのは、
正に品質が高いからです。
 

28年前より始まったラ・カサ農園は、カルデロン一族が複数経営する農園の1つで、コスタリカでは名門中の名門農園です。
1650mの高地に位置し、主にレッドカトゥアイ種を栽培してきました。
 

農園内にあるオーナーの自宅、“家”にちなんだ“カサ”と言う名前を付けた当農園のコーヒーは、
タラス地区ドタバレー特有の甘さと質感を備えています。
 

また、ラ・カサの農園主であるマリア女史は、コーヒー生産一家:カルデロン・ファミリーの長女で、現在ラ・カサ農園を任されています。
家族譲りの探究心と情熱で、懸命にラ・カサ農園から素晴らしいコーヒーを生み出そうと努力を続け、COE受賞に結びつきました。
 

本商品は、品種:カトゥアイ種は、酸味が強くなく、口当たりがソフトなコーヒーです。
1650mという高地で栽培されていたことが、生豆の硬さで判りました。
小粒なのに生豆が硬く、火が通りに難いため、通常の焙煎よりも前半の火力を強くして焙煎しました。
 

厳しい昼夜の寒暖差により甘くて 熟度が高いコーヒーチェリーを育み、珈琲の甘味となります。
澄み渡る空のように雑味がなく、シルクのように滑らかで柔らかい珈琲です。
瑞々しい甘味がせせらぎのように余韻として心地良く残ります。
 

ハニー精製やアナエロビコ精製など、流行の香味も面白いですが、
先ずは、高品質な本商品で、トラディショナルなコスタリカお楽しみくださいませ。
 

【ギフト】クリスマスセット(Christmas Blend 2017 200g+Drip$)

Gift_ChristmasBlend2017




内容量:Christmas Blend 2017 200g(200g袋×1個)、Drip$ 1個
オマケ:東京ミルクチーズ工場 ソルト&カマンベール 2枚
内容:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー、ニカラグア・ブエノスアイレス、リモンシリョ・ジャバニカ・ウォッシュド
 
写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
20171114_201758
 
9CC4A257-AEE2-4964-A608-FF7933A13044
 
お酒が飲めない聖夜は、チーズとChristmasBlend2017で!!

クリスマスにお酒が飲めない方もいらっしゃるでしょう。。
 
そんな方でも、ChristmasBlend2017は、チーズをお供にすると、チーズをつまみにワインを嗜む感覚が味わえます!!
 

勿論、チョコレートやスイーツとの相性も抜群!!
 

ドミニカ・プリンセサ・ワイニーの芳醇な香りが特徴的で、ブラックでもカフェオレでも
一味違う香味が楽しめます。
珈琲マニアや美食家の方へ贈っても一目置かれる香味です。
 

珈琲通の方は、既に抽出器具をお持ちの方も多いでしょう。
でも、湯を細く注すことは、どんなに熟練していても、中々の指南です。
さりげなく、珈琲と一緒にDrip$をお付けしてみては如何でしょうか?
 

ハンドドリップを一度でもしたことがある方なら、尚更、Drip$の良さが分かり、喜んでもらえます。
 

Drip$は、湯を細く一定量で注すことに長けていますから、松屋式だけでなく、様々な抽出に使用できます。
使い方も簡単ですから、珈琲を上手に抽出する頼もしいスケットになります!!
 

美味しい珈琲が楽しい時間を作る一助になれば、幸いです。
 

Merry X’mas!!
 


 
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
【松屋式 de 贅沢カフェオレ レシピ】

ポイント:Drip$は事前に温めず、常温のDrip$を使用する。
     湯温が高いと雑味を抽出しやすくなります。
     TokkinBlend等、一部の熱湯を使わないと成分が完全に抽出できない珈琲を除き、
     事前にDrip$を温める必要はありません。
 

珈琲粉:20g(松屋式粒度の粗挽き)
蒸らし時間:4分
抽出量:50cc
全量:120㏄(薄める牛乳量:70㏄)※抽出した珈琲は濃厚で雑味がありません。牛乳量を調整して、お好みの濃さでお楽しみください。
 
【ChristmasBlend2017のお供を検証】

東京ミルクチーズ工場ソルト&カマンベールは、チーズをつまみにワインを嗜む感覚をお楽しみ頂けます!!
 
 

【ドミニカ・プリンセサ・ワイニー】
生産国:ドミニカ共和国
エリア:ハラバコア(ドミニカ中部)
農園 :アルフレド・ディアス農園
生産者:アルフレド・ディアス
標高 :1480m
品種 :カトゥーラ、ティピカ
精製 :ナチュラル
カッピング評価: レッドワイン、ブルーベリー、ミルクチョコレート、ラウンドマウスフィール 
 
dominica_gdominica
 

【ニカラグア・ブエノスアイレス】
生産国:ニカラグア
エリア:Nueva Segovia県Dipilto地区
農園 :Finca Buenos Aires
生産者:Valladares Family
標高 :1200-1550m
品種 :カトゥーラ
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価: バニラ、スィート・アシディティー、ウェルバランス 
 
nicaragua_gnicaragua
 
【リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュド】
生産国:ニカラグア
エリア:マタガルパ
農園 :リモンシージョ農園
生産者:エルイン・ミエリッヒ
標高 :850-1150m
品種 :ジャバニカ
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価: オレンジ、ラクティク、ブラックティー、ブラウンシュガー、クリスプ 
 
IMG_20170905_192736_646IMG_0101
 
【動画:リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュドテスト焙煎】

 
【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニーテスト焙煎】

 
【動画:クリスマスブレンド試飲】

 
【動画:リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュド 本焙煎】

 
【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー本焙煎】

 
【動画:ニカラグア・ブエノスアイレス本焙煎】

 

「聖夜の三重奏」

Christmas Blend 2017のテーマは、「中米ー中庸でも濃厚」。
 

中米の珈琲は、単品ですと中庸なテイストが特徴です。
1つ1つの珈琲は単調でも、品種、精製、焙煎、ブレンドを駆使すると、香味に深みがある個性的な珈琲が出来上がります。
 

先ず、用意したコーヒーが、ドミニカ・プリンセサ・ワイニー。
中米で近年、流行のナチュラル精製。
ドミニカ・プリンセサ・ワイニーは、その中でもブームの先駆けのような存在です。
深煎りにしても強く放たれる芳醇な甘い香りが独特で最大の特徴ですが、珈琲としての重厚感と香味の幅が乏しい。。
 

そこで、TokkinBlendに使用しているリモンシリョ・ジャバニカ・ウォッシュドを加えて、酸味をプラスすることに。。
ドミニカ・プリンセサ・ワイニーは深煎り、リモンシリョ・ジャバニカは、浅煎り。
焙煎度が離れた珈琲ですが、意外にも試飲をすると馴染んでいることが分かりました。
 

しかし、この2種では、ベースとなる珈琲らしさが足りない。
そこで、ニカラグアのブエノスアイレス(カトゥーラ)を中深煎りして加えることにしました。
 

このカトゥーラは、ふわっと感じる甘い香りと2ハゼを入れても酸味が感じられ、比較的、フレーバーが強いのです。
主張はしないけど、しっかりと他の珈琲の香味を支えることが出来そうな重さがあり、
ブレンドのベースとして望ましい珈琲です。
 

この3種をブレンドしますと、甘味、酸味、苦味がハーモニーを奏でるブレンドに仕上がりました。
 

ワイニーと命名されたことが頷ける程、甘い芳醇な香りが立ち登り、ブエノスアイレスが珈琲としての輪郭を作り、珈琲らしい満足感を感じます。
珈琲が喉元を過ぎた後、ジャバニカのフルーティーな酸味が戻り香として少しだけ顔を出し、爽やかに締めくくります。
 

今年のクリスマスは、素敵な三重奏をお楽しみくださいませ。
 

そして、ブラックでも、カフェオレでも美味しい珈琲を目指しました。
 
贅沢レシピで淹れたカフェオレは、しっかりとした珈琲の余韻がする王道のカフェオレになります。
そこに、砂糖を少し加えると、ドミニカ・プリンセサ・ワイニーの芳醇な甘い香りがするフレーバー・カフェオレに変化します。
 
珈琲が苦手な方やお子様には、「変化が楽しめるカフェオレ」がお薦めです。
 

カフェオレでも一味違うカフェオレをお楽しみくださいませ。
 

インドネシア・ワハナ農園 コピ・ルアク 1個:10g

Dripbag_KopiLuwak




内容量:インドネシア・ワハナ農園2015/2016 コピ・ルアク 1個:10g
 
写真はイメージです。
Dripbag_KopiLuwak
 
「憧れの珈琲をプロより美味しく」
 

映画「最高の人生の見つけ方」「かもめ食堂」などで、高級珈琲として取り上げられたコピ・ルアク。
ジャコウネコからの贈り物という珍しさもあり、一度は飲んでみたいと憧れる珈琲の1つです。
 

裏メニューとして、1杯5,000円で提供しているホテルもあるくらい高価な珈琲ですが・・
 

珈琲は、生豆(素材)、焙煎、抽出の三拍子が揃ってこそ、美味しい珈琲となります。
そう話しますと、「生豆や焙煎が最高な状態でも、美味しく淹れる自信がない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。。
 

心配無用です。
Drip$でドリップバッグの真ん中に湯を注すだけで、プロより美味しい極上コピ・ルアクが出来上がります!!
 

「折角の高級珈琲」「ハレの珈琲」だから、誰でも簡単に最高の状態で美味しく飲めるよう開発したのが、Drip$です。
 

だから、安心して、お客様のお好みのシチュエーションでコピ・ルアクをご堪能くださいませ。
 

 
 
【Drip$ de ドリップバッグレシピ】
蒸らし時間:4分
 
【動画:Drip$ de ドリップバッグ(香りの花束編-珈琲香炉でゲイシャを2度、楽しむ)】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$ドリップバック表Drip$ドリップバック裏
 
 
コピルアクのお供は、廣栄堂本店の白桃きびだんご!!
【動画:環のたしなみーきびだんごにコピルアクは合うか検証】

 
 

生産国 :インドネシア
エリア :北スマトラ州ダイリ県シディカラン
農園名 :ワハナ農園
標高  :約1200m
品種  :ワハナ農園内アラビカ種(スクリーン:14Up)
生産処理:ジャコウネコ・プロセス(100%天日乾燥)
カッピングプロファイル:柑橘、ベリー、カシスフレーバー、ミルキー
 
ruakuIMG_20170928_120856_470証明書
 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎】

 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎試飲】

 
【動画:コピ・ルアク本焙煎】

 

「幻妖な香味」

10月1日は、珈琲の日です。
そして、当店の10月と言えば、「コピ・ルアク」です!!(偶然ですが・・)
 

涼しくなって、すっかり秋になりました。
温かい珈琲が美味しい季節です。
そんな季節の変わり目をとびっきり満足できる珈琲で楽しみましょう!!
 

今回も、高品質なコーヒーを作り出すワハナ農園のコピ・ルアクです。
そして、焙煎度も前回と同様、飲み易く味幅に最も厚みが出る中深煎りです。
 

前回のコピ・ルアクでもご説明致しましたが、ルアク(ジャコウネコ)が食す生豆の品種によって、
珈琲の香味は変わります。
ロブスタの生豆を食べたコピ・ルアクとアラビカ種の生豆を食べたコピ・ルアクでは
まったく香味が異なる珈琲になります。
 
ワハナ農園ではアラビカ種を栽培してます。
先進的な設備を持っており、スマトラ式精製によるマンデリンだけでなく、
ナチュラル、パルプドナチュラル、ウォッシュド精製を試みたり、
ロングベリー種など、インドネシアでは珍しい品種の栽培に取り組んだりと
非常に高い生産技術力を持った農園です。
 
ですから、収穫されるコーヒーも勿論、世界最高品質のアラビカ種です。
 

そんな園内でルアクを放し飼いにしています。
そのため、100%最高品質アラビカ種のコピ・ルアクが出来上がります。
 
【前回のコピ・ルアク】
KopiLuwak_2014
 
また、ルアクは、完熟チェリーのみを食すため、排泄されるコーヒーは熟度が高い生豆のみとなります。
ルアクが未成熟と完熟チェリーを自然と選別してくれている訳です。
ルアクが選別した完熟チェリーはインドネシアのアーシーさ(土っぽさ)を微塵も感じさせないクリアで
洗練された上品な香味です。
雑味がない透明感溢れる珈琲はクローブを想わせる甘い香味が豊かで、まさに「幻妖」です。
 
「排泄物」という物珍しさと「世界で最も高い珈琲」として有名になったコピ・ルアクですが、
珈琲としての品質の良さがあるからこそ、高価であっても愛されているのです。
 

映画「最高の人生の見つけ方」や「かもめ食堂」でも登場したコピ・ルアク。
「一度は飲んでみたい」と憧れる方も多い珈琲です。
 
芸術の秋。
 

映画や芸術を憧れの珈琲とともに、ゆったりと贅沢に賞翫してみては如何でしょうか?
 

Christmas Blend 2017 200g

ChristmasBlend2017




内容量:Christmas Blend 2017 200g(200g袋×1個)
オマケ:東京ミルクチーズ工場 ソルト&カマンベール 2枚
内容:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー、ニカラグア・ブエノスアイレス、リモンシリョ・ジャバニカ・ウォッシュド
 
写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
20171114_201758
 
9CC4A257-AEE2-4964-A608-FF7933A13044
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
【松屋式 de 贅沢カフェオレ レシピ】

ポイント:Drip$は事前に温めず、常温のDrip$を使用する。
     湯温が高いと雑味を抽出しやすくなります。
     TokkinBlend等、一部の熱湯を使わないと成分が完全に抽出できない珈琲を除き、
     事前にDrip$を温める必要はありません。
 

珈琲粉:20g(松屋式粒度の粗挽き)
蒸らし時間:4分
抽出量:50cc
全量:120㏄(薄める牛乳量:70㏄)※抽出した珈琲は濃厚で雑味がありません。牛乳量を調整して、お好みの濃さでお楽しみください。
 
【ChristmasBlend2017のお供を検証】

東京ミルクチーズ工場ソルト&カマンベールは、チーズをつまみにワインを嗜む感覚をお楽しみ頂けます!!
 
 

【ドミニカ・プリンセサ・ワイニー】
生産国:ドミニカ共和国
エリア:ハラバコア(ドミニカ中部)
農園 :アルフレド・ディアス農園
生産者:アルフレド・ディアス
標高 :1480m
品種 :カトゥーラ、ティピカ
精製 :ナチュラル
カッピング評価: レッドワイン、ブルーベリー、ミルクチョコレート、ラウンドマウスフィール 
 
dominica_gdominica
 

【ニカラグア・ブエノスアイレス】
生産国:ニカラグア
エリア:Nueva Segovia県Dipilto地区
農園 :Finca Buenos Aires
生産者:Valladares Family
標高 :1200-1550m
品種 :カトゥーラ
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価: バニラ、スィート・アシディティー、ウェルバランス 
 
nicaragua_gnicaragua
 
【リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュド】
生産国:ニカラグア
エリア:マタガルパ
農園 :リモンシージョ農園
生産者:エルイン・ミエリッヒ
標高 :850-1150m
品種 :ジャバニカ
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価: オレンジ、ラクティク、ブラックティー、ブラウンシュガー、クリスプ 
 
IMG_20170905_192736_646IMG_0101
 
【動画:リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュドテスト焙煎】

 
【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニーテスト焙煎】

 
【動画:クリスマスブレンド試飲】

 
【動画:リモンシージョ・ジャバニカ ウォッシュド 本焙煎】

 
【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー本焙煎】

 
【動画:ニカラグア・ブエノスアイレス本焙煎】

 

「聖夜の三重奏」

Christmas Blend 2017のテーマは、「中米ー中庸でも濃厚」。
 

中米の珈琲は、単品ですと中庸なテイストが特徴です。
1つ1つの珈琲は単調でも、品種、精製、焙煎、ブレンドを駆使すると、香味に深みがある個性的な珈琲が出来上がります。
 

先ず、用意したコーヒーが、ドミニカ・プリンセサ・ワイニー。
中米で近年、流行のナチュラル精製。
ドミニカ・プリンセサ・ワイニーは、その中でもブームの先駆けのような存在です。
深煎りにしても強く放たれる芳醇な甘い香りが独特で最大の特徴ですが、珈琲としての重厚感と香味の幅が乏しい。。
 

そこで、TokkinBlendに使用しているリモンシリョ・ジャバニカ・ウォッシュドを加えて、酸味をプラスすることに。。
ドミニカ・プリンセサ・ワイニーは深煎り、リモンシリョ・ジャバニカは、浅煎り。
焙煎度が離れた珈琲ですが、意外にも試飲をすると馴染んでいることが分かりました。
 

しかし、この2種では、ベースとなる珈琲らしさが足りない。
そこで、ニカラグアのブエノスアイレス(カトゥーラ)を中深煎りして加えることにしました。
 

このカトゥーラは、ふわっと感じる甘い香りと2ハゼを入れても酸味が感じられ、比較的、フレーバーが強いのです。
主張はしないけど、しっかりと他の珈琲の香味を支えることが出来そうな重さがあり、
ブレンドのベースとして望ましい珈琲です。
 

この3種をブレンドしますと、甘味、酸味、苦味がハーモニーを奏でるブレンドに仕上がりました。
 

ワイニーと命名されたことが頷ける程、甘い芳醇な香りが立ち登り、ブエノスアイレスが珈琲としての輪郭を作り、珈琲らしい満足感を感じます。
珈琲が喉元を過ぎた後、ジャバニカのフルーティーな酸味が戻り香として少しだけ顔を出し、爽やかに締めくくります。
 

今年のクリスマスは、素敵な三重奏をお楽しみくださいませ。
 

そして、ブラックでも、カフェオレでも美味しい珈琲を目指しました。
 
贅沢レシピで淹れたカフェオレは、しっかりとした珈琲の余韻がする王道のカフェオレになります。
そこに、砂糖を少し加えると、ドミニカ・プリンセサ・ワイニーの芳醇な甘い香りがするフレーバー・カフェオレに変化します。
 
珈琲が苦手な方やお子様には、「変化が楽しめるカフェオレ」がお薦めです。
 

カフェオレでも一味違うカフェオレをお楽しみくださいませ。
 

Dominica Princesa Winy 200g

DominicaWiny_Out




内容量:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー 200g(200g袋×1個)
 
オマケ:テスト焙煎ブレンド80g付
さらに、オマケ:東京ミルクチーズ工場のソルト&カマンベール2枚付
20171122_2158069CC4A257-AEE2-4964-A608-FF7933A13044
 

写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
20171116_152339
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
【松屋式 de 贅沢カフェオレ レシピ】

ポイント:Drip$は事前に温めず、常温のDrip$を使用する。
     湯温が高いと雑味を抽出しやすくなります。
     TokkinBlend等、一部の熱湯を使わないと成分が完全に抽出できない珈琲を除き、
     事前にDrip$を温める必要はありません。
 

珈琲粉:20g(松屋式粒度の粗挽き)
蒸らし時間:4分
抽出量:50cc
全量:120㏄(薄める牛乳量:70㏄)※抽出した珈琲は濃厚で雑味がありません。牛乳量を調整して、お好みの濃さでお楽しみください。
 

【ドミニカ・プリンセサ・ワイニー】
生産国:ドミニカ共和国
エリア:ハラバコア(ドミニカ中部)
農園 :アルフレド・ディアス農園
生産者:アルフレド・ディアス
標高 :1480m
品種 :カトゥーラ、ティピカ
精製 :ナチュラル
カッピング評価: レッドワイン、ブルーベリー、ミルクチョコレート、ラウンドマウスフィール 
 
dominica_gdominica
 

【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニーテスト焙煎】

 
【動画:ドミニカ・プリンセサ・ワイニー本焙煎】

 

「フルボディの珈琲」

Christmas Blend 2017に使用した「ドミニカ・プリンセサ・ワイニー」。
 

中米の珈琲は、中庸なテイストが特徴です。
そんな中米では、より個性的な珈琲を作ろうと各国の農園では様々な取り組みがされています。
 
近年、流行は、ハニー精製やナチュラル精製。
ドミニカ・プリンセサ・ワイニーは、その中でもブームの先駆けのような存在です。
 
深煎りにしても強く放たれる芳醇な甘い香りが独特で最大の特徴です。
ワインに例えるなら、フルボディの赤ワイン。
何十年もの時をかけ、じっくり熟成させたかのような、熟成が醸し出す濃厚で深みのある癖のある香りが印象的です。
 

以前、焙煎したグアテマラ・プンダもナチュラルらしい力強さがありましたが、
本商品は、比べものにならないくらいナチュラル香がパワフルで、好みが分かれる珈琲です。
 

「癖のある物は、好きな人にとってはたまらない」というのは、珈琲も同じです。
 

ワイニーと命名されたことが頷ける程、深煎りでも甘い芳醇な香りが立ち登り、圧倒されます。
スモーキーな香りと交わると珈琲の世界から飛び出し、酒席にいるかと錯覚するような独創的なテイストです。
アルコールが飲めない方でも、お酒をたしなむ感覚を味わえるような珈琲です。
 

通にはたまらない珈琲を一度、お試しくださいませ。
※但し、発酵の香りが苦手な方には、お薦めしません。
 
 

【ギフト】CostaRica COE 2015 La Casa 200g

Gift_LaCasa




内容量:CostaRica COE 2015 La Casa 200g(100g袋×2個)
 
写真はイメージです。ギフトボックスに詰めて、お届け致します。
9F521BD2-CDC5-4A81-A3DC-0A37495F77D0
 
 
クリスマス、お歳暮等、相手の好みが分からない時は、これ!!

こちら、中米の特徴そのものの珈琲で雑味がなくクリアで中庸です。
 
Cup Of Excellenceを受賞するだけあり、上質で上品な味わいであることは、透き通る珈琲を飲めば、誰にでも分かるテイストです。
 

高地産特有の甘い香を強調し、焙煎度も深過ぎず浅すぎない中深煎りにしました。
酸味も苦味も強くなく、
円やかな甘味が煌る珈琲に仕上げましたので、万人に好まれる香味です。
 

相手の好みを気にせず、誰にでも自信を持ってプレゼント出来る珈琲です。
 

何を贈ったら良いか迷われている方には、イチオシです!!
 

香味は、ブルーマウンテンNo.1やハワイコナ・エクストラファンシーに通じるクリアさと気品を備えているのに、お求めやすい価格です。
 

非常にコストパフォーマンスが良い、この「LaCasa」は、ギフトに最適な質の高い珈琲です。

 
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

スコア :30位(86.00pt)
生産国 :コスタリカ
エリア :サンホセ、ドタ、タラス
農園名 :ラ・カサ
生産者 :マリア・リセス・カルデロン・カスティージョ
標高  :1650m
品種  :カトゥアイ種
生産処理:フリーウォッシュド
カッピングプロファイル:クランベリー、オレンジピール、スィート、シルキー
 
LaCasagLaCasa2015
 
【動画:コスタリカ・ラ・カサ本焙煎】

 

「トラディショナルなコスタリカ」

昨今、ナチュラルやハニー、SL28やゲイシャ種など非常に特徴的な香味を持つコーヒーが高く評価されます。
Cup Of Excellence(以下、COE)でも個性溢れるコーヒーが多く入賞しています。
今年のCOE2017も1位は、ゲイシャでした。
 

コスタリカでは、流行の品種や精製方法を取り入れる農園が増えており、
世界的に見ても生産者が品質に対する意識が高く、各農園が独自の香味を作り出そうと切磋琢磨している国です。
例を挙げるなら、ハニー精製、アナエロビコ精製などです。
 

そんな中、このラ・カサ農園は中米で伝統的に栽培されているカトゥアイ種で映えあるCOEを受賞しました。
カトゥアイ種は、突出した個性はなく、中庸で上品なテイストです。
誰でも違いが判る香味を持つコーヒーが選ばれやすい中、この目新しくはないカトゥアイ種が入賞出来たのは、
正に品質が高いからです。
 

28年前より始まったラ・カサ農園は、カルデロン一族が複数経営する農園の1つで、コスタリカでは名門中の名門農園です。
1650mの高地に位置し、主にレッドカトゥアイ種を栽培してきました。
 

農園内にあるオーナーの自宅、“家”にちなんだ“カサ”と言う名前を付けた当農園のコーヒーは、
タラス地区ドタバレー特有の甘さと質感を備えています。
 

また、ラ・カサの農園主であるマリア女史は、コーヒー生産一家:カルデロン・ファミリーの長女で、現在ラ・カサ農園を任されています。
家族譲りの探究心と情熱で、懸命にラ・カサ農園から素晴らしいコーヒーを生み出そうと努力を続け、COE受賞に結びつきました。
 

本商品は、品種:カトゥアイ種は、酸味が強くなく、口当たりがソフトなコーヒーです。
1650mという高地で栽培されていたことが、生豆の硬さで判りました。
小粒なのに生豆が硬く、火が通りに難いため、通常の焙煎よりも前半の火力を強くして焙煎しました。
 

厳しい昼夜の寒暖差により甘くて 熟度が高いコーヒーチェリーを育み、珈琲の甘味となります。
澄み渡る空のように雑味がなく、シルクのように滑らかで柔らかい珈琲です。
瑞々しい甘味がせせらぎのように余韻として心地良く残ります。
 

ハニー精製やアナエロビコ精製など、流行の香味も面白いですが、
先ずは、高品質な本商品で、トラディショナルなコスタリカお楽しみくださいませ。
 

CostaRica COE 2015 La Casa 200g

CostaRica2015COELaCasa




内容量:CostaRica COE 2015 La Casa 200g(200g袋×1個)
 
写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
20171113_174635
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピ】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

スコア :30位(86.00pt)
生産国 :コスタリカ
エリア :サンホセ、ドタ、タラス
農園名 :ラ・カサ
生産者 :マリア・リセス・カルデロン・カスティージョ
標高  :1650m
品種  :カトゥアイ種
生産処理:フリーウォッシュド
カッピングプロファイル:クランベリー、オレンジピール、スィート、シルキー
 
LaCasagLaCasa2015
 
【動画:コスタリカ・ラ・カサ本焙煎】

 

「トラディショナルなコスタリカ」

昨今、ナチュラルやハニー、SL28やゲイシャ種など非常に特徴的な香味を持つコーヒーが高く評価されます。
Cup Of Excellence(以下、COE)でも個性溢れるコーヒーが多く入賞しています。
今年のCOE2017も1位は、ゲイシャでした。
 

コスタリカでは、流行の品種や精製方法を取り入れる農園が増えており、
世界的に見ても生産者が品質に対する意識が高く、各農園が独自の香味を作り出そうと切磋琢磨している国です。
例を挙げるなら、ハニー精製、アナエロビコ精製などです。
 

そんな中、このラ・カサ農園は中米で伝統的に栽培されているカトゥアイ種で映えあるCOEを受賞しました。
カトゥアイ種は、突出した個性はなく、中庸で上品なテイストです。
誰でも違いが判る香味を持つコーヒーが選ばれやすい中、この目新しくはないカトゥアイ種が入賞出来たのは、
正に品質が高いからです。
 

28年前より始まったラ・カサ農園は、カルデロン一族が複数経営する農園の1つで、コスタリカでは名門中の名門農園です。
1650mの高地に位置し、主にレッドカトゥアイ種を栽培してきました。
 

農園内にあるオーナーの自宅、“家”にちなんだ“カサ”と言う名前を付けた当農園のコーヒーは、
タラス地区ドタバレー特有の甘さと質感を備えています。
 

また、ラ・カサの農園主であるマリア女史は、コーヒー生産一家:カルデロン・ファミリーの長女で、現在ラ・カサ農園を任されています。
家族譲りの探究心と情熱で、懸命にラ・カサ農園から素晴らしいコーヒーを生み出そうと努力を続け、COE受賞に結びつきました。
 

本商品は、品種:カトゥアイ種は、酸味が強くなく、口当たりがソフトなコーヒーです。
1650mという高地で栽培されていたことが、生豆の硬さで判りました。
小粒なのに生豆が硬く、火が通りに難いため、通常の焙煎よりも前半の火力を強くして焙煎しました。
 

厳しい昼夜の寒暖差により甘くて 熟度が高いコーヒーチェリーを育み、珈琲の甘味となります。
澄み渡る空のように雑味がなく、シルクのように滑らかで柔らかい珈琲です。
瑞々しい甘味がせせらぎのように余韻として心地良く残ります。
 

ハニー精製やアナエロビコ精製など、流行の香味も面白いですが、
先ずは、高品質な本商品で、トラディショナルなコスタリカお楽しみくださいませ。
 

【珈琲の日特別企画】4名様限定エスメラルダ リノ・ナチュラル(Esmeralda Special 2015 ES-NAT-4 Lino Natural 200g)

Esmeralda2017_2015_Lino_PR




 
珈琲の日特別企画として、通常価格20000円のところ、40%Offにてご提供致します。お買い得です!!
内容量:パナマ エスメラルダ・ゲイシャ2015[ES-NAT-4 Lino Natural]200g(50g袋4個または100g袋2個)

※50g袋でお届け致します。

 

写真はイメージです。
IMG_0020

 
「珈琲香炉でゲイシャを楽しみ尽くす」
 

ゲイシャは、香りを楽しむ珈琲です。
 

そんなゲイシャのとっておきの楽しみ方は、珈琲香炉!
 

香炉の香りは、珈琲の品質に依存し、香炉を炊いた時の状態そのものの香りがします。
珈琲の品質が悪ければ、悪いなりの香りになります。
特に、欠点豆の香りは不快な香りが元々、非常に強く、炊くことでより強くしてしまうため、向いていません。
また、珈琲を淹れた後の出がらしは、既に良質な香気成分は珈琲として抽出されているため、
炊いても出がらしの香りしかしません。
 

ですが、ゲイシャだけは、出がらしでもゲイシャ特有の華やかな香りがします。
 

珈琲として香りを喫んだ後、出がらしの珈琲香炉で最後まで香りを楽しむ。
香炉で炊いたゲイシャは、ジャスミンのようなどこかフラワリーであり、
柑橘系果実のようなどこかフルーティーな香りです。
まるで、香水のように感じるでしょう。
 

「暑い夏の夜涼みは、ゲイシャの極上アロマでリラックス」、お薦めです!!

【動画:珈琲香炉をちょっとだけ試す】

 
【動画:環のたしなみーエスメラルダのドリップバッグで珈琲香炉】

 

 
【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:280cc(130ccのお湯で薄める)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$25gレシピを作る】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

生産国:パナマ
エリア:チリキ県 ボケテ、カーニャベルデ地区
農園名:エスメラルダ Lino Natural RA認証
生産者:プライス ピーターソン
標高 :1654 – 1700m
品種 :ゲイシャ種
精製 :ナチュラル
カッピング評価:フローラル、グアバ、スパイス、ミルクチョコレート、スムース、ロングアフターテイスト
1TopNotch_Green11TopNotch_Green2IMG_0018
 
【動画:エスメラルダ・ゲイシャ・Lino Naturalテスト焙煎試飲】

 
【動画:エスメラルダ・ゲイシャ・Lino Natural本焙煎】

 

「しばしの別れーエスメラルダ・ゲイシャ ナチュラルー」

再始動、第1弾の珈琲として、2017年1月に「エスメラルダ・ゲイシャ 2016 ES-W-5-2 Noria San José」を販売致しました。
また、エスメラルダ・ゲイシャのナチュラルについても、過去2度、販売してきました。
 

毎年、5月~6月は、中米のコーヒー品評会(Cup Of Excellence、Best Of Panama、エル・インヘルト、エスメラルダ農園のオークション)が
目白押しです。
今年もそんな季節がやって来ました。
6/27(火)、エスメラルダ・オークションのカッピング会に参加する予定です。
 

開店、オープン1周年、再始動と当店の節目にご提供してきたエスメラルダ・ゲイシャですが。。
毎年、感じていること。。
 

それは、「エスメラルダのゲイシャフレーバーが弱くなっている」ということ。
 

過去の記憶が美化され印象良く残ることはあります。それを差し引いても感じるのです。
 

当店が取り扱いを始めるようになったのはエスメラルダの2013年産からです。
それ以前のエスメラルダ・ゲイシャを取り扱っていた方々は、もっと如実に感じているかもしれません。
 

華やかなフローラルな香やフルーティーな酸味が注目される影響なのか定かではありませんが、
個人的には、特に、紅茶テイストは薄れてきているように感じます。
冷めると「果実味溢れるジューシーな甘さ」や「紅茶感」が増すという変化も弱くなってきているように感じています。
 

これは、Washedに限ったことではなく、ナチュラル精製のゲイシャでも感じていることです。
ナチュラル精製においては、ナチュラル特有の甘いフレーバーを強くしようとしているようにもみえ、
生豆のシルバースキンの色も薄黄色から茶色がかった色へと濃くなってきました。
当然、ゲイシャフレーバーが弱くなっている上、ナチュラル特有の甘い香味が強くなった分、
余計にゲイシャフレーバーは感じづらくなってしまいます。
 

今年第1弾で販売したゲイシャを焙煎・試飲して、
「2016年産エスメラルダ・ゲイシャを最後にエスメラルダ・ゲイシャを取り扱いをしばらく見送る」
という決断をしました。
勿論、カッピング会には参加して、毎年、香味をチェックし続けていきますが、
エスメラルダ・ゲイシャのナチュラルについては、本商品が最後となります。
 

今回は、「ナチュラル特有の香味とゲイシャフレーバーのバランス」をテーマに焙煎・商品化することにしました。
 

香りと酸味を楽しむなら短時間焙煎ですが、ナチュラルの香味を和らげ、紅茶感を出すには
焙煎の前半は緩やかに温度上昇させ、焙煎時間を若干、長めに焙煎しました。
 

ナチュラル特有の香味と酸味はやや穏やかになり、ゲイシャらしい紅茶感が増しました。
 

穏やかになっても洗練されたトロピカルフルーツを想わせる甘い香りが立ち昇り一際、印象的です。
パッションフルーツを想わせるような果実味溢れる酸味は円やかでいて麗しい。
雲一つない真夏の青空のように香味は澄み渡り、ゲイシャらしい紅茶テイストも顔を出します。
一言で例えるなら、「スイートハイビスカスティー」。
 

最後のエスメラルダ・ゲイシャナチュラルは、上品でありながら、南国情緒漂う真夏にピッタリな魅惑の逸品に仕上がりました。
 

いつかまたゲイシャフレーバーが色濃く出たエスメラルダ・ゲイシャ ナチュラルを販売出来ることを願って
「しばしの別れ」と題しました。
 

暫くお目にかかれないエスメラルダ・ゲイシャ ナチュラルを是非、ご堪能くださいませ。
 
 
ゲイシャの最高峰と言われるエスメラルダ農園。
その成功の歴史については、これまでにもご説明してきた以下のページをご参照ください。
 
【エスメラルダ農園ゲイシャの歴史】
2014年11月TopNotchのパナマ エスメラルダ ゲイシャ 2013 ES-04 マリオ・サンホセをご参照ください。

11月TopNotch パナマ エスメラルダ ゲイシャ 2013 ES-04 マリオ・サンホセ
Esmeralda_special

 
前回のエスメラルダ・ゲイシャ Lino Naturalについては、2016年1月TopNotch パナマ エスメラルダ ゲイシャ 2015 ES-NAT4 Lino Naturalをご参照ください。

Esmeralda2015_Lino
 

【珈琲の日特別企画】1名様限定インドネシア・ワハナ農園 コピ・ルアク 200g(マンデリンブルボン100g+SweetsCoffeeマンデリンブルボン2個(1個40g)付)

KopiLuwak_2017_PR




内容量:
インドネシア・ワハナ農園2015/2016 コピ・ルアク 200g(50g袋×4個)
おまけ
マンデリンブルボン 100g
SweetsCoffeeマンデリンブルボン[水出し珈琲] 2個(1個40g×2)

 
写真はイメージです。50g袋でお届けいたします。
20170928_160931
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピを作る】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

生産国 :インドネシア
エリア :北スマトラ州ダイリ県シディカラン
農園名 :ワハナ農園
標高  :約1200m
品種  :ワハナ農園内アラビカ種(スクリーン:14Up)
生産処理:ジャコウネコ・プロセス(100%天日乾燥)
カッピングプロファイル:柑橘、ベリー、カシスフレーバー、ミルキー
 
ruakuIMG_20170928_120856_470証明書
 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎】

 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎試飲】

 
【動画:コピ・ルアク本焙煎】

 

「幻妖な香味」

10月1日は、珈琲の日です。
そして、当店の10月と言えば、「コピ・ルアク」です!!(偶然ですが・・)
 

涼しくなって、すっかり秋になりました。
温かい珈琲が美味しい季節です。
そんな季節の変わり目をとびっきり満足できる珈琲で楽しみましょう!!
 

今回も、高品質なコーヒーを作り出すワハナ農園のコピ・ルアクです。
そして、焙煎度も前回と同様、飲み易く味幅に最も厚みが出る中深煎りです。
 

前回のコピ・ルアクでもご説明致しましたが、ルアク(ジャコウネコ)が食す生豆の品種によって、
珈琲の香味は変わります。
ロブスタの生豆を食べたコピ・ルアクとアラビカ種の生豆を食べたコピ・ルアクでは
まったく香味が異なる珈琲になります。
 
ワハナ農園ではアラビカ種を栽培してます。
先進的な設備を持っており、スマトラ式精製によるマンデリンだけでなく、
ナチュラル、パルプドナチュラル、ウォッシュド精製を試みたり、
ロングベリー種など、インドネシアでは珍しい品種の栽培に取り組んだりと
非常に高い生産技術力を持った農園です。
 
ですから、収穫されるコーヒーも勿論、世界最高品質のアラビカ種です。
 

そんな園内でルアクを放し飼いにしています。
そのため、100%最高品質アラビカ種のコピ・ルアクが出来上がります。
 
【前回のコピ・ルアク】
KopiLuwak_2014
 
また、ルアクは、完熟チェリーのみを食すため、排泄されるコーヒーは熟度が高い生豆のみとなります。
ルアクが未成熟と完熟チェリーを自然と選別してくれている訳です。
ルアクが選別した完熟チェリーはインドネシアのアーシーさ(土っぽさ)を微塵も感じさせないクリアで
洗練された上品な香味です。
雑味がない透明感溢れる珈琲はクローブを想わせる甘い香味が豊かで、まさに「幻妖」です。
 
「排泄物」という物珍しさと「世界で最も高い珈琲」として有名になったコピ・ルアクですが、
珈琲としての品質の良さがあるからこそ、高価であっても愛されているのです。
 

映画「最高の人生の見つけ方」や「かもめ食堂」でも登場したコピ・ルアク。
「一度は飲んでみたい」と憧れる方も多い珈琲です。
 
芸術の秋。
 

映画や芸術を憧れの珈琲とともに、ゆったりと贅沢に賞翫してみては如何でしょうか?
 

インドネシア・ワハナ農園 コピ・ルアク 200g

KopiLuwak_2017




内容量:インドネシア・ワハナ農園2015/2016 コピ・ルアク 200g(50g袋×4個)
 
写真はイメージです。50g袋でお届けいたします。
20170928_160931
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:Drip$ de 松屋式 25gレシピを作る】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
コピルアクのお供は、廣栄堂本店の白桃きびだんご!!
【動画:環のたしなみーきびだんごにコピルアクは合うか検証】

 
 

生産国 :インドネシア
エリア :北スマトラ州ダイリ県シディカラン
農園名 :ワハナ農園
標高  :約1200m
品種  :ワハナ農園内アラビカ種(スクリーン:14Up)
生産処理:ジャコウネコ・プロセス(100%天日乾燥)
カッピングプロファイル:柑橘、ベリー、カシスフレーバー、ミルキー
 
ruakuIMG_20170928_120856_470証明書
 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎】

 
【動画:コピ・ルアク テスト焙煎試飲】

 
【動画:コピ・ルアク本焙煎】

 

「幻妖な香味」

10月1日は、珈琲の日です。
そして、当店の10月と言えば、「コピ・ルアク」です!!(偶然ですが・・)
 

涼しくなって、すっかり秋になりました。
温かい珈琲が美味しい季節です。
そんな季節の変わり目をとびっきり満足できる珈琲で楽しみましょう!!
 

今回も、高品質なコーヒーを作り出すワハナ農園のコピ・ルアクです。
そして、焙煎度も前回と同様、飲み易く味幅に最も厚みが出る中深煎りです。
 

前回のコピ・ルアクでもご説明致しましたが、ルアク(ジャコウネコ)が食す生豆の品種によって、
珈琲の香味は変わります。
ロブスタの生豆を食べたコピ・ルアクとアラビカ種の生豆を食べたコピ・ルアクでは
まったく香味が異なる珈琲になります。
 
ワハナ農園ではアラビカ種を栽培してます。
先進的な設備を持っており、スマトラ式精製によるマンデリンだけでなく、
ナチュラル、パルプドナチュラル、ウォッシュド精製を試みたり、
ロングベリー種など、インドネシアでは珍しい品種の栽培に取り組んだりと
非常に高い生産技術力を持った農園です。
 
ですから、収穫されるコーヒーも勿論、世界最高品質のアラビカ種です。
 

そんな園内でルアクを放し飼いにしています。
そのため、100%最高品質アラビカ種のコピ・ルアクが出来上がります。
 
【前回のコピ・ルアク】
KopiLuwak_2014
 
また、ルアクは、完熟チェリーのみを食すため、排泄されるコーヒーは熟度が高い生豆のみとなります。
ルアクが未成熟と完熟チェリーを自然と選別してくれている訳です。
ルアクが選別した完熟チェリーはインドネシアのアーシーさ(土っぽさ)を微塵も感じさせないクリアで
洗練された上品な香味です。
雑味がない透明感溢れる珈琲はクローブを想わせる甘い香味が豊かで、まさに「幻妖」です。
 
「排泄物」という物珍しさと「世界で最も高い珈琲」として有名になったコピ・ルアクですが、
珈琲としての品質の良さがあるからこそ、高価であっても愛されているのです。
 

映画「最高の人生の見つけ方」や「かもめ食堂」でも登場したコピ・ルアク。
「一度は飲んでみたい」と憧れる方も多い珈琲です。
 
芸術の秋。
 

映画や芸術を憧れの珈琲とともに、ゆったりと贅沢に賞翫してみては如何でしょうか?