商品

ブルーマウンテンNo.1 200g

BlueMountain2019

内容量:ブルーマウンテンNo.1 200g(50g袋×4個または200g袋×1個)
 
 

只今、ギフトボックス無料サービス中!100g袋2個に分け、ギフトボックス(無料)に入れてお届けいたします。
ご希望の場合は、備考欄に「ギフトボックス希望」とご記入ください。

写真はイメージです。

20190127_150819
 
 
【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$25g レシピ淹れ方】

 
【動画:金箔入ブルーマウンテンNo.1 を試飲】

 
【動画:ブルーマウンテンNo.1 とギモーヴの相性を検証】

 
【動画:ブルーマウンテンNo.1 本焙煎試飲】

 

【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

【ブルーマウンテンNo.1】
生産国:ジャマイカ
エリア:セントトーマス地区
農園 :JCC管理農園及び提携農園
生産者:ジャマイカコーヒーカンパニー クラー・シャーリー
標高 :800-1000m
品種 :ティピカ種
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価:フレッシュハーブ、シュガーケイン、ウェルバランス
 
IMG_20190127_153323BlueMountain_Roast
 
 
【動画:ブルーマウンテンNo.1本焙煎】

 

「1月9日は、ブルーマウンテンの日!」

高級珈琲の代名詞、「ブルーマウンテン」。
日本人にこよなく愛され続ける珈琲です。
 

そんなブルーマウンテンの記念日が、2018年1月9日に制定されました。
 

毎年、1月9日が、「ジャマイカ・ブルーマウンテンコーヒーの日」となります。
 

何故、1月9日なのか?
 

「今から51年前、1966/67年クロップのジャマイカのコーヒー生産は全部で7,000袋(約420トン)で、
 このうち60%以上に相当する合計4,400袋を、日本企業が購入契約。
 これが、日本がジャマイカ産コーヒーの最大顧客になった記念すべき最初のクロップとなりました。
 

 その4,400袋の総契約のうちの最初の1,400袋の貨物が、1967年1月9日に現地キングストン港を出港した日」
 
 なのです。
 

日本がジャマイカ産コーヒーの最大顧客になった記念日ということです。
詳細は、こちらを参照→http://www.bluemountain.gr.jp/info/20180201_021.html
 

出来立てホヤホヤ記念日で、今年は、2年目です。
大々的なプロモーションは目にしませんでしたが、ブルーマウンテンを焙煎する機会が
重なりましたので、ご紹介をしつつ、便乗してしまおうかと考えていました。
 

ですが、当の1月9日に販売が間に合わず、お客様をお待たせすることになりまして、
誠に申し訳ございませんでした。
 

既に1月も終わろうとしておりますが、現在では非常に希少となった大粒ティピカ種100%の香味を
一年に一度、楽しんでみては如何でしょうか?
 

一口飲むと、「雲一つない澄み切った青い空が、何処までも続く」光景が想い浮かびます。
 

副題に「上質は澄み渡る」と付けたこと、ご納得頂けます!!
 

是非、ご賞翫くださいませ。
 
 

ブルーマウンテンNo.1 50g

BlueMountain2019_mini

内容量:ブルーマウンテンNo.1 50g(50g袋×1個)
 
 

写真はイメージです。

 
 
【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$25g レシピ淹れ方】

 
【動画:金箔入ブルーマウンテンNo.1 を試飲】

 
【動画:ブルーマウンテンNo.1 とギモーヴの相性を検証】

 
【動画:ブルーマウンテンNo.1 本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

【ブルーマウンテンNo.1】
生産国:ジャマイカ
エリア:セントトーマス地区
農園 :JCC管理農園及び提携農園
生産者:ジャマイカコーヒーカンパニー クラー・シャーリー
標高 :800-1000m
品種 :ティピカ種
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価:フレッシュハーブ、シュガーケイン、ウェルバランス
 
IMG_20190127_153323BlueMountain_Roast
 
 
【動画:ブルーマウンテンNo.1本焙煎】

 

「1月9日は、ブルーマウンテンの日!」

高級珈琲の代名詞、「ブルーマウンテン」。
日本人にこよなく愛され続ける珈琲です。
 

そんなブルーマウンテンの記念日が、2018年1月9日に制定されました。
 

毎年、1月9日が、「ジャマイカ・ブルーマウンテンコーヒーの日」となります。
 

何故、1月9日なのか?
 

「今から51年前、1966/67年クロップのジャマイカのコーヒー生産は全部で7,000袋(約420トン)で、
 このうち60%以上に相当する合計4,400袋を、日本企業が購入契約。
 これが、日本がジャマイカ産コーヒーの最大顧客になった記念すべき最初のクロップとなりました。
 

 その4,400袋の総契約のうちの最初の1,400袋の貨物が、1967年1月9日に現地キングストン港を出港した日」
 
 なのです。
 

日本がジャマイカ産コーヒーの最大顧客になった記念日ということです。
詳細は、こちらを参照→http://www.bluemountain.gr.jp/info/20180201_021.html
 

出来立てホヤホヤ記念日で、今年は、2年目です。
大々的なプロモーションは目にしませんでしたが、ブルーマウンテンを焙煎する機会が
重なりましたので、ご紹介をしつつ、便乗してしまおうかと考えていました。
 

ですが、当の1月9日に販売が間に合わず、お客様をお待たせすることになりまして、
誠に申し訳ございませんでした。
 

既に1月も終わろうとしておりますが、現在では非常に希少となった大粒ティピカ種100%の香味を
一年に一度、楽しんでみては如何でしょうか?
 

一口飲むと、「雲一つない澄み切った青い空が、何処までも続く」光景が想い浮かびます。
 

副題に「上質は澄み渡る」と付けたこと、ご納得頂けます!!
 

是非、ご賞翫くださいませ。
 
 

ケニア キアンジュキAA 200g+おまけ:バローナチョコレート5枚付

Kenya_KianjukiAA

1/27(日)、本焙煎の試飲を行い、おまけに、バローナのチョコレートが付くことになりました。
 
 

内容:ケニア・キアンジュキAA 200g、オマケ:バローナチョコレート5枚が付きます

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
20190125_18130120190128_112022
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290cc(140ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:ケニア・キアンジュキAAの本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【ケニア キアンジュキAA】
生産国 :ケニア
エリア :エンブ県マケンギ
農園  :キアンジュキ・ファクトリー
生産者 :キルルムエ農協1000名の農家
標高  :1,800 – 2,000 m
品種  :SL28、SL34、K7他
生産処理:ケニア式
カッピングプロファイル:グレープフルーツ、ホワイトワイン、タンジェリン、ブラウンシュガー、ラウンドマウスフィール
 
IMG_20190127_152132IMG_20190127_152149

 
【動画:ケニア・キアンジュキAA テスト焙煎】

 
【動画:ケニア・キアンジュキAA テスト焙煎試飲】

 
【動画:ケニア・キアンジュキAA 本焙煎】

 
【動画:ケニア・キアンジュキAA 本焙煎解説】

 
 

「初々しい赤ワインの余韻」

久しぶりにケニアが登場です!!
 

今回の「ケニア・キアンジュキAA」は、環ブレンドに使用するケニアの次期候補として、取り寄せました。
環ブレンドは、アイボリーエステートAAとカグモイニAAを使用しています。
 

ケニアに関しては、エチオピア同様、拘りをもって、生豆を吟味するコーヒーの1つです。
キアンディーノAA、カングヌAA、テグ等々、毎年、取り寄せては、香味を確認しています。
 

というのも、今年、手に入ったとしても、来年、同一ファクトリーの生豆が入手出来るか分からないのが、ケニアなのです。
そして、なくなってから探していては、品質が高い物を手に入れることが出来るか分からないのも、ケニアなのです。
 

ですから、香味が良い物があった場合には、ある程度、ストックするようにしています。
 

加えて、残念なことに、現在使用中のケニアより、年々、生豆のフレーバーが弱くなり、
深煎りに耐えられるだけのポテンシャルを持つ生豆が減ってきているように感じています。
 

本商品のケニアは、環ブレンドよりもやや深く焙煎しても、特徴的な香味を感じられるだけのポテンシャルがありました。
そこで、先ずは、ケニア単体で販売することに致しました。
 

豆を挽くと、芳ばしい香りが一段と強く感じられます。
 
珈琲からは、ドライトマトのような甘く異彩を放つ香りが漂い、飲む前から期待が膨らみます。
口に含むと、深めに焙煎しても隠し切れない程のジューシーな甘酸っぱさに包まれます。
軽過ぎず、重過ぎないミディアムボディの重厚感。
飲み干した頃、微かに感じる苦味は、口当たり柔らかなタンニンのようです。
飲み干しても果実味溢れる戻り香で存在感を現すところは、「初々しい赤ワイン」のようです。
 

冷めてくるにつれ、甘さが際立ってくるところも魅力的です。
 

本商品で、「ケニアらしい果実味」を実感くださいませ。
 
 
 

【キアンジュキ・ファクトリー情報】
 キアンジュキ・ファクトリーが位置エンブ県マケンギは、マウントケニア南東部の裾野にあり、
 周辺の標高1800m-2000mという高地で生産されたコーヒーが集められています。
 ケニアの平均的なコーヒー生産エリアに比べ、比較的高い位置にあります。
 このエリアは山の南東に位置し、周辺の山陰に隠れる事もなく日照時間が長い為、
 この標高においても平均20℃前後とコーヒー生産において適切で温暖な気候条件となっているのが特徴的です。
 

 また一方で、キアンジュキの周辺のエリアでは、コーヒー以外に茶畑も多く、換金性の高い作物として
 古くから生産が行われおり、ファクトリー周辺においても山肌に面して茶畑を望む事ができます。
 

 キアンジュキ・コーヒーファクトリーは、キルルムエ農協が所有する3つのファクトリーの1つです。
 同農協ではキアンジュキの他、キボーテ、ンガインデイテアというファクトリーを所有しています。
 キアンジュキの位置するエンブでは、1964年にコーヒーの生産が始まったといいます。
 毎年周辺の農家から多くのチェリーが持ち込まれ、常駐する5名のスタッフだけでなく、
 ピーク時には15名もの臨時スタッフを雇用し、持ち込まれたチェリーの管理や処理を総出で行っています。
 

 現在、約1000名の農民がこのファクトリーを利用する中、キアンジュキでは各農家のセレクトピッキングの
 精度の高さに自信を覗かせます。ファクトリーに持ち込まれたチェリーは、集積所で再度広げられて、
 未熟チェリー、過熟チェリー、発酵や異物を再度選別するようにしています。
 そして、再選別後の完熟チェリーの重さによって価格が決まります。
 こうした厳格な取り決めを継続した結果、収穫当日に品質が高く適切な熟度のコーヒーが集まるようになりました。
 また、ファクトリーには浄化槽などもあり、綺麗な水の使用と排水を心がけ、農家・ファクトリー一丸となった
 品質向上や収入の安定化、持続的な生産が実践されています。
 完熟チェリーのみを使用することにこだわり、その品質を安定させています。
 

 

CostaRica COE 2015 La Casa 200g

LaCasa_2018




内容量:CostaRica COE 2015 La Casa 200g(200g袋×1個)
 
写真はイメージです。200g袋でお届けいたします。
20171113_174635
 

【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:CostaRica COE La Casa 本焙煎試飲】

 

【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 

スコア :30位(86.00pt)
生産国 :コスタリカ
エリア :サンホセ、ドタ、タラス
農園名 :ラ・カサ
生産者 :マリア・リセス・カルデロン・カスティージョ
標高  :1650m
品種  :カトゥアイ種
生産処理:フリーウォッシュド
カッピングプロファイル:クランベリー、オレンジピール、スィート、シルキー
 
LaCasagLaCasa2015
 
【動画:コスタリカ・ラ・カサ本焙煎】

 
【動画:コスタリカ・ラ・カサ本焙煎解説】

 
 

「La Casa Again」

2017年11月に販売致しました「Costa Rica COE 2015 La Casa」ですが、
再販を希望されるお客様もいらっしゃるくらい大変、ご好評を頂きました。
 

今回、ドリップバッグの大口注文用に焙煎しました。
折角ですので、一部を販売することに致しました。
 

前回販売時にもご紹介しましたが、La Casa は、中米でポピュラーに栽培されているカトゥアイ種です。
精製も水洗式と、いたって一般的な精製方法です。
詳しくは、以下の商品ページでご確認ください。
【CostaRica COE 2015 La Casa】
CostaRica2015COELaCasa
 

ゲイシャやナチュラル精製をはじめとする流行の個性溢れる香味とは対称的に、
伝統的な品種と精製方法です。
 

昨今のCup Of Excellence(以下、COE)も、個性的な香味が上位に入賞しています。
1位は、ほぼゲイシャです。
そんなCOEも一昔前までは、La Casaのように伝統的な品種や精製方法で栽培されたコーヒーが主流でした。
「雑味がないクリアさ」と「華やかでパワフルな酸味」が高く評価されていました。
 

そこで、本商品では、焙煎度を前回より少し浅めにして、
古き時代のCOEで評価されていた「クリーンさと酸味」を表現することにしました。
 

透明感があり、ソフトな口当たりは、中米らしい「中庸」な特徴が見事に出ています。
ラ・フランスを想わせる甘酸っぱさは、柔らかで気品さえ感じます。
爽やかな余韻も軽やかで心地良いです。
 

総じて、たわやかな甘酸っぱさを純真無垢に感じられる珈琲が、古き時代の正統派COEの香味です。
 

COE受賞珈琲を飲んだことがない方に、「中米珈琲の香味(入門編)」として、お薦めです。
一度、お試しくださいませ。
 

【新商品遅れて、御免なさい特別企画】期間限定 環ブレンド 400g+ おまけ:エスメラルダ・ゲイシャ ドリップバッグ1個

SP_Tamaki_blend


1/16(水)を目途に新商品を販売開始する予定でしたが、間に合いませんでした。
楽しみに待っていて下さるお客様には、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
 

そこで、お待たせしてしまっているお詫びと日頃の感謝の気持ちを込めて、
特別企画をご用意致しました。
 

新商品販売開始までの期間限定で、環ブレンドをSpecial Priceでご提供致します。
環ブレンド400gを
通常価格:4,000円のところ、特別価格:3,000円
販売致します!!
 

更に、おまけに、
LastGeishaのドリップバッグ「エスメラルダ・ゲイシャMario Enero[1個:10g](通常価格:1,200円相当)」が、
1個付きます!!
 

なんと、「42%Off」の超お買い得な商品です!!
 

是非、この機会に当店の看板ブレンドをお試しくださいませ。
※在庫無くなり次第、終了となりますので、予めご了承くださいませ。

 
 
内容量:環ブレンド 400g(200g×2個)
内容
ケニア カグモイニ AA または アイボリーエステートAA
グアテマラ カルメン農園 80年ティピカ
ブラジル カクェンジ
オマケ:エスメラルダ・ゲイシャMario Eneroのドリップバッグ1個[1個:10g]
 

※珈琲は、200g袋(2個)でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
Tamaki_Blend_50Tamaki_Blend_100
 
Tamaki_Blend_greenTamaki_Blend_roast
 
【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める)
 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
【松屋式 de 贅沢カフェオレ レシピ】

ポイント:Drip$は事前に温めず、常温のDrip$を使用する。
     湯温が高いと雑味を抽出しやすくなります。
     TokkinBlend等、一部の熱湯を使わないと成分が完全に抽出できない珈琲を除き、
     事前にDrip$を温める必要はありません。
 

珈琲粉:20g(松屋式粒度の粗挽き)
蒸らし時間:4分
抽出量:50cc
全量:120㏄(薄める牛乳量:70㏄)※抽出した珈琲は濃厚で雑味がありません。牛乳量を調整して、お好みの濃さでお楽しみください。
 
 

「誰からも愛される珈琲」

2015年、2016年と2年続けてご提供した「学園祭ブレンド」。
お客様に大変ご好評頂きました。
そこで、この学園祭ブレンドを当店の看板ブレンドとして、レギュラー販売することに致しました。
 
ブレンドのテーマは、「誰からも愛される珈琲」です。
 
高地産の良質なケニアやグアテマラを中煎りにすると、カシスやドライトマトのような酸味が感じられ、非常に高級感あふれる香味に仕上がります。
 
ですが、やや酸味が強く、酸味が苦手な方には向かないテイストです。
 
そこで、中煎りよりやや深めに焙煎を進め、酸味を抑えることにしました。
 
焙煎のこだわり「香の強さ」は、珈琲を挽いた時(粉で購入したお客様には、袋を開けた時)、強く芳ばしい香りが瞬く間に拡がり満たされることで体感頂けます。
 
抽出した珈琲からは、ほのかにドライトマトのような香りが立ち昇り、一口含むと先ず、チョコレートの後味に感じる円やかな酸味を感じます。
一瞬、酸味の強い珈琲かと感じる頃には、黒糖のような優しい甘味と珈琲らしい良質な優しい苦味を感じます。
 
雑味は一切感じず、酸味、甘味、苦味のバランスが取れているため、飲みやすく、すーっと口の中に滑らかに珈琲は吸い込まれていきます。
ですが、ただ、飲みやすい軽い珈琲ではなく、豊かなコクが珈琲の厚みを作っていることに気づきます。
 
飲み干した後、珈琲らしい残り香が余韻として長く続き、珈琲が上質であることもご理解頂けるでしょう。
 

飲みやすいのに珈琲としての満足感がある珈琲に仕上がりました。
飽きがこず、「いつまでも飲んでいたい珈琲」です。
 

まずは、このブレンドで当店の美味しさ作りを実感くださいませ。
 

 

【2名様限定】年末福袋(総額15,500円の商品)

年末福袋

 

今年一年、格別のご引き立てを賜り、誠に有難うございました。
日頃の感謝の気持ちを込めまして、2名様限定で総額15,500円の商品を「10,000円の年末福袋」として
ご提供することとなりました!!
 

即完売となった「It’s Mocha スペシャル」のドリップバッグや、
大変、ご好評頂いた「コピ・ルアク」「ブラジル・カクェンジ・ナチュラル」のドリップバッグ等
盛り沢山で、今冬の商品を網羅しており、内容は充実してます!!
 

お正月は、贅沢に珈琲三昧を愉しみましょう!!
 

また、ドリップバッグを美味しく淹れられるよう、Drip$と香りマグカップもお付け致します。
Drip$や香りマグカップのご購入を検討されている方には、必見のお買い得商品です!!
 

是非、この機会にプロの味をご体験くださいませ。

 
内容量:
【珈琲】
It’s Mocha レギュラー 200g(通常価格:3,000円)
Blend燦 200g(通常価格:2,500円)
環ブレンド 200g(通常価格:2,000円)
 

【ドリップバッグ[1個:10g]】
インドネシア・コピ・ルアク 1個(通常価格:1,500円)
Last Geisha(パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ Mario Enero) 2個(通常価格:2,400円)
It’s Mocha スペシャル 1個(通常価格:800円)
ブラジル・カクェンジ・ナチュラル 1個(通常価格:600円)
 

【器具】
Drip$ 1個(通常価格:1,500円)
Hario 香りマグカップ(通常価格:1,200円)
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20181218_233314_232
 
【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
[It’s Mocha レギュラーの場合]
全量:290cc(140㏄の湯で薄める)
 
[It’s Mocha レギュラー以外の場合]
全量:300cc(150㏄の湯で薄める)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:It’s MochaとBlend燦の本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
商品の詳細については、以下の商品ページをご参照ください。
※ドリップバッグについては、商品ページがございません。香味については、該当珈琲の商品ページでご確認ください。
【It’s Mocha レギュラー】
It's Mocha_R
 
【Blend燦】
BlendSun
 
【環ブレンド】
Tamaki_Blend
 

【コピ・ルアク】
50g
KopiLuwak_2018_mini
 

【Last Geisha(エスメラルダ・ゲイシャ Mario Enero)】
Last_MARIOENERO50

【It’s Mocha スペシャル】
It's Mocha_S

【ブラジル・カクェンジ・ナチュラル】
KaquendNatural

【Drip$】
DRIP$(お手軽版)

【香りマグカップ】
HARIO 香りマグカップ

NewYearCollection(It’s Mocha スペシャル 200g + It’s Mocha 200g + Blend燦 200g)+ おまけ:エスメラルダ・ゲイシャ ドリップバッグ2個

NewYearCollection




おまけに、LastGeishaのドリップバッグ「エスメラルダ・ゲイシャMario Enero[1個:10g](通常価格:2400円相当)」が、2個付きます。

 
内容量:
It’s Mocha スペシャル 200g、
It’s Mocha レギュラー 200g、
Blend燦 200g
オマケ:エスメラルダ・ゲイシャMario Eneroのドリップバッグ2個[1個:10g]

 
内容
【It’s Mocha スペシャル】[中煎り]
エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル
 

【It’s Mocha レギュラー】[中煎り]
エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル
 

【Blend燦】[中深煎り+中煎り]
ケニア・アイボリーエステートAA
コロンビア スィートベリーSUP
エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル
 

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。
IMG_20181215_133302_284IMG_20181218_233314_232
 

今年最後の新商品をセットに致しました。
 
新商品のすべてに使用しているのが、「エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3」です。
 
エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルは、ゲイシャフレーバーが弱いため、
当店の基準では「ゲイシャ」として販売するには至らないコーヒーです。
ですが、端麗なナチュラル香は、「最高品質モカ」と定義するコーヒーです。
 
「どこかゲイシャを感じる一風変わった最高品質モカ」を使用した3種の珈琲は、
どれも鮮やかな香味で新しい年を迎えるに相応しい珈琲です。
 
存分に、エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルの世界をご堪能くださいませ。
 

また、オマケにエスメラルダ・ゲイシャをお付け致します。
是非とも、当店が認める「ゲイシャ」と当店の基準には満たない「ゲイシャ」の違いを
飲み比べて実感してみてください。
 

来年は、元号も変わります。
皆様にとって、新しき年が明るく良き年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

【Drip$ 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
[Blend燦の場合]
全量:300cc(150㏄の湯で薄める)
 
[Blend燦以外の場合]
全量:290cc(140㏄の湯で薄める)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:It’s MochaとBlend燦の本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
商品の詳細については、以下の商品ページをご参照ください。
【It’s Mocha スペシャル】
It's Mocha_S
 
【It’s Mocha レギュラー】
It's Mocha_R
 
【Blend燦】
BlendSun
 

It’s Mocha スペシャル 200g

It's Mocha_S

内容:エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル(SC16UP以上) 200g

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 
 
 

※写真はイメージです。
IMG_20181215_133302_284
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290cc(140ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:It’s MochaとBlend燦の本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル】
生産国 :エチオピア
エリア :グジ
農園  :ゲレナ農園
生産者 :Israel Degafa
標高  :1,350 – 1,600 m
品種  :ゲイシャ(SC16UP)
生産処理:ナチュラル
 
IMG_0252IMG_0251

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルテスト焙煎】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルテスト焙煎試飲】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル本焙煎】

 
 

「ゲイシャフレーバーを最大限引き出した It’s Mocha 」

It’s Mochaレギュラーでもご説明した通り、エチオピア産ゲイシャはゲイシャフレーバーが弱く、
残念ながら、当店の基準では「ゲイシャ」として販売できるものではありませんでした。
※以下、It’s Mocha レギュラー参照
【It’s Mocha レギュラー】
It's Mocha_R
 

テスト焙煎をしますと、どこかゲイシャフレーバーは感じるのですが、
ナチュラルの香味が秀逸過ぎて、ゲイシャのフレーバーを見えにくくしていると感じました。
 

そこで、ゲイシャフレーバーを最大限引き出すことにしたのが、「It’s Mocha スペシャル」です。
 

まず、ハンドピックした生豆をスクリーン選別で、ゲイシャフレーバーが強い大粒のみを集めました。
使用することにしたのは、スクリーン16以上です。

 

次に、焙煎は、ゲイシャの焙煎ポイントである「15分以内(14分45秒)に、極力、焙煎度を深くする」を守り、
極力、甘味を引き出し、極力、酸味を残し、甘味と酸味のバランスに注力しました。
 

その後、通常であれば、焙煎豆を1回ハンドピックして完成なのですが、
今回は、より雑味のない透明な香味にするため、ハンドピックを2回致しました。
雑味は香味を阻害します。クリアになればなるほど、香味は明確に感じられます。
 

よりゲイシャを強く感じられるよう、更に、焙煎豆でもスクリーン選別をして、
スクリーン20以上の大粒に集約しました。
加えて、スクリーン選別をしながら、欠点豆がないか、3度目の検品を兼ねてしました。
 

まとめますと、
 
通常:生豆ハンドピック → 焙煎 → ハンドピック
今回:生豆ハンドピック → スクリーン選別 → 焙煎 → 1回目ハンドピック → 2回目ハンドピック → スクリーン選別&3回目ハンドピック
 

となります。
 

その甲斐あって、ゲイシャフレーバーを明確に感じられる珈琲が出来上がりました。
 

珈琲のカップに口を近づけると、立ち登る香りは、ジャスミンを想わせるフラワリーな優しい香り。
口にすると、完熟ブラックベリーのような甘酸っぱさが広がり、
飲み干すと、かすかな苦味の後味と戻り香の余韻は、紅茶テイスト。
 

冷めれば冷める程、ナチュラル香が豊潤さを増し、円熟味を帯びてくる。
 

パナマ産ゲイシャのパワフルな香味とは対照的に、
総じて優しい香味の中にシダモエリアの高品質なナチュラル香が輝る
「上品なゲイシャ」が出来上がりました。
 

是非とも、「It’s Mocha レギュラー」と比較して、ご堪能くださいませ。
 

It’s Mocha レギュラー 200g

It's Mocha_R

内容:エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル 200g

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 

※写真はイメージです。

 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:290cc(140ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:It’s MochaとBlend燦の本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル】
生産国 :エチオピア
エリア :グジ
農園  :ゲレナ農園
生産者 :Israel Degafa
標高  :1,350 – 1,600 m
品種  :ゲイシャ
生産処理:ナチュラル
 
IMG_0252IMG_0251

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルテスト焙煎】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルテスト焙煎試飲】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル本焙煎】

 
 

「It resembles Mocha. No, It’s Mocha.」

今年の夏、Last Geishaの販売を終え、当店ではゲイシャの取り扱いを見合わせることに致しました。
 

とは言え、毎年、ゲイシャの香味を把握しておく必要はございます。
 

ゲイシャ種が世界に広く知られるようになったのは、「パナマのエスメラルダ・ゲイシャ」が
ベスト・オブ・パナマで1位に輝いたことが始まりですが、
ゲイシャ種は、エチオピアのゲシャ地区が起源の品種です。
 

起源の国で生産されたゲイシャ(エチオピア産ゲイシャ)はリーズナブルなこともあり、
昨年より市場に出回り始めました。
 

そんなエチオピア産ゲイシャの香味を勉強するために取り寄せたのが、本商品の「エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3」です。
 

このゲレザG3は、ゲイシャ起源のゲシャ地区の物ではありません。
ナチュラル精製で有名なシダモエリアのグジ地区に位置するゲレナ農園にて
ゲイシャ種のみを指定して作り上げた非水洗コーヒーです。
ですから、亜種(原種)ではありません。
 

そんなゲイシャに特化して生産した「エチオピア産ゲイシャ」は、如何ほどの香味なのか?
 

到着した生豆は、袋を開けるとふわーっと部屋中に広がる甘い完熟果実香が華やかでした。
この時点でゲイシャではなく、モカとして販売することに決めました。
そのくらい生豆の香りは綺麗で強く、魅力的なのです。
ゲイシャフレーバーがなかったとしても、モカとして、「極上」と分かる香りなのです!!
 

香りの強さは、エチオピア・コチャレ・ナチュラルを思わせるパワフルな強さ。
そして、香りの質は、エチオピア・グジ・ナチュラルを思わせる洗練された品質の良さ。
 

そんな「エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3」をテスト焙煎した結果が、
「It resembles Mocha. No, It’s Mocha.(ゲイシャに似ている。いや、モカだ)」
 

完熟果実を想わせる甘く芳醇な香りは、いつまでも嗅いでいたくなるくらい華麗で力強いです。
淹れた珈琲を持ち歩くと、歩いた後には香りの軌跡が出来たかのように香りが漂います。
冷めると洋酒香へと変化する様は、正に最高品質モカそのものです。
そんな端麗なナチュラルの香りが秀逸過ぎて、ゲイシャ特有のジャスミンのような香りが
優しく控えめに感じられます。
 

パナマ産ゲイシャがオレンジやグレープフルーツ等の柑橘系の酸味ならば、
本商品は、どちらかと言えば、ベリー系の優しい酸味が心地良く煌めきます。
 

レモンティーと言われるゲイシャの特徴的な余韻は残念ながら乏しく控えめなため、
当店の基準では「ゲイシャ」として販売は出来ませんが、紛れもなく「最高品質モカ」と定義する珈琲です。
 

どこかゲイシャフレーバーを感じる「一風変わった極上モカ」をお楽しみくださいませ。
 

【ゲレザG3生豆・農園情報】
 商品名「ゲレザ」は、この農園で(運が良ければ)見ることができる別名アビシニアコロブスというサルが由来となっています。
 

 完熟チェリーのみを使用することにこだわり、その品質を安定させています。
 

 グレード1に負けずとも劣らない風味をもち、且つリーズナブルな価格でお届けできることを追求した商品です。(2018年8月時点)
 ※エチオピアグレード規格では、ナチュラル精製の生豆は、G3が最上位グレードです。
  ナチュラル精製の生豆で「〇〇〇・ナチュラル G1」の表記がされている場合は、
  輸入業者が独自の基準で付けたグレードと思われます。
 

 当農園の設立は、2014年と比較的新しいですが、RFA/UTZ認証やJAS認証の取得にも励んでいるとても将来有望な農園です。
 

Blend 燦~Sun~ 200g

BlendSun

内容量:Blend 燦~Sun~ 200g
内容:エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル、ケニア カングヌAA、コロンビア スィートベリーSUP

※珈琲は、200g袋でお届け致します。

 
 
 
 

※写真はイメージです。
IMG_20181218_233314_232
 
 
【Drip$ de 松屋式 25gレシピ】
珈琲粉:松屋式用粗挽き 25g
(市販の粉よりかなり粗挽きです。ミルをお持ちでない方、粗挽きに挽けない方、豆ではなく、「粉:粗挽き」でご注文されることをお薦めします。)
蒸らし時間:4分
抽出量:150cc
全量:300cc(150ccのお湯で薄める。※濃さはお好みで薄める湯量で調整してください。)
 
【動画:「大人のたしなみ」Drip$ de 松屋式 25g レシピ淹れ方】

 
【動画:It’s MochaとBlend燦の本焙煎試飲】

 
【Drip$の淹れ方】
※Drip$で松屋式の基本的な淹れ方をまとめました。
Drip$淹れ方
 
 
【ケニア カングヌAA】
生産国 :ケニア
エリア :中央州 マティオヤ
農園名 :カングヌ・コーヒー・ファクトリー
生産者 :責任者 チャールズ・チェゼ
標高  :1750m
品種  :SL28
生産処理:ウォッシュド
カッピングプロファイル:プラム、ブラックベリー、パッションフルーツ、ピーチ、ブルーベリー、レッドカラント
 
【コロンビア スィートベリーSUP】
生産国:コロンビア
エリア:ウィラ県
農園 :―
生産者:―
標高 :およそ1,300m-1,800m
品種 :カスティージョ、コロンビア、カトゥーラなど
精製 :フリーウォッシュド
カッピング評価: 柑橘、ベリー、グラッシー、クリーン 
 
20181115_15381720181115_153758
 
【エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル】
生産国 :エチオピア
エリア :グジ
農園  :ゲレナ農園
生産者 :Israel Degafa
標高  :1,350 – 1,600 m
品種  :ゲイシャ
生産処理:ナチュラル
 
IMG_0252IMG_0251
 

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルテスト焙煎】

 
【動画:ケニア+コロンビアテスト焙煎】

 
【動画:Blend燦テスト焙煎試飲】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル中深煎り本焙煎】

 
【動画:エチオピア ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラル中煎り本焙煎】

 
【動画:ケニア+コロンビア本焙煎】

 
 

「ブレンドのテーマは、朝焼け」

今年最後のブレンドは、エチオピア・ゲイシャを使用し、テーマは「朝焼け」です。
 

エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルの生豆が華やかな香りを放った瞬間、
ブレンドを作ろうと思いました。
 

この華麗な香味は、新しい年を迎えるに相応しいと直感的に思ったのです。
 

2ハゼが入った「コロンビアとケニアの中深煎り(クリスマスブレンドに使用)」の深味と
エチオピア・ゲイシャ・ゲレザG3・ナチュラルは中深煎りと中煎りを2種用意し、
香味に幅を持たせ、「朝焼け」を表現出来ないかと試作を繰り返しました。
 

淹れたての珈琲は深煎りとも思えるスモーキーな香りが立ち、珈琲らしい豊かなコクを感じます。
時間が経つにつれ、甘いナチュラル香が芳醇さを増し、鮮やかに輝いていきます。
香りと共にブラックベリーのような酸味も明るさを増し、心地良い余韻に変わっていきます。
 

静かな暗闇の海辺が、徐々に日が昇り、辺りが鮮やかに色付いていく様を香味の変化で表現してみました。
 

完全に冷め切った時、香りが洋酒香に熟成する様も面白いブレンドが完成しました。
 

来年は、元号も変わります。
新しい年が朝焼けのように鮮やかな明るい年になりますよう、そんな願いを込めて
ブレンド名は、「Blend燦~SUN~」に致しました。
 

年の初めを彩るブレンドです。お楽しみくださいませ。